bit

出演者に「生きてるか?」と心配され…企画から10年かけて完成する映画『ユートピア』監督に聞く

高校時代に制作した映画『虹色★ロケット』が2007年に公開、DVD化もされた伊藤峻太監督。最新作『ユートピア』が企画から10年もの時を経て、いよいよ完成。4月28日より下北沢トリウッドで公開となる。
出演者に「生きてるか?」と心配され…企画から10年かけて完成する映画『ユートピア』監督に聞く
『ユートピア』は、4月28日より下北沢トリウッドでロードショー。
(C) UTOPIA TALC 2018

舞台は、“雪が降る”真夏の東京。ライフラインが途絶した混乱の中、ヒロイン・まみのもとに謎の少女・ベアが現れる。ベアは実は1284年にドイツのハーメルンで笛吹き男にさらわれた130人のこどものひとりであることが発覚……というストーリーだ。
出演者に「生きてるか?」と心配され…企画から10年かけて完成する映画『ユートピア』監督に聞く
こだわりぬいた映像美の世界。
(C) UTOPIA TALC 2018

ところで、実はこの話を聞いたのは、今から約1年半前(過去コネタ参照)。「まもなく公開」のアナウンスを4~5回繰り返し、キャストからも「大丈夫か? 生きてるか?」と心配されたという伊藤峻太監督に、そこまでこだわる理由を聞いてみた。


設定に2年 シナリオに7年


「高校時代に撮った映画『虹色★ロケット』を後に客観的に見ると、どうしても『甘いな』と感じ、納得いかないところがたくさんあったんです。それで、『もっとすごい映画を作りたい』と思い、2007年時点でまずSFファンタジーの構想を思いつきました」
出演者に「生きてるか?」と心配され…企画から10年かけて完成する映画『ユートピア』監督に聞く
伊藤峻太監督。
(C) UTOPIA TALC 2018

シナリオを書き始めたのは19歳のとき。
もともと完全な異世界を描く「ハイ・ファンタジー」よりも、現実世界があるうえで別世界がある「ロー・ファンタジー」のほうが好きだったことから、「異世界の人が現代の東京にやってくる」という設定を考えた。

土台にあったのは、トマス・モアの『ユートピア』で、そこから『ハーメルンの笛吹き男』が結びついていったという。
「最初の2年間で設定はできて、人物のキャラクターやユートピアのなりたちを絵と文字で描いたクロッキー帳は5冊分にもなりました。さらに、シナリオ完成までは7年間もかかりました。情報量があまりに多すぎて、2時間弱の映画では全部出せないと思い、悩んだ挙句、あまり削らずギュッと詰め込んだかたちです。読み解くのが大変な情報量が入っているというバランス感も、面白いのではないかと思ったんです」

ところで、大きく分けると、異世界の人が現実世界にやってくるという意味では『ドラえもん』も「ロー・ファンタジー」にあたる。
そして、多くのロー・ファンタジー作品の場合、ベースは現実世界であり、そこに「異世界」の要素が加わることで現実世界に変化が生じるというのが定番だ。
しかし、『ユートピア』の場合、現実の混乱した東京よりも、異世界の人々を描く熱量が圧倒的に高い。なぜなのか。
「中世ヨーロッパの人や江戸時代の人が現在の東京に来たといった設定や、『ハリーポッター』シリーズのように『魔法使い』などが出てくるものなら、すでにイメージがあるので、説明は要らないですよね。でも、ユートピアはあくまで架空の世界なので、いわゆる『ステレオタイプ』が使えない。しかも、ユートピア側は映像的にあまり出てこないので、全く知らない世界をベースにしたことで、シナリオ上の苦戦を強いられた部分はあります」

あわせて読みたい

  • 『君の名は。』新海誠トークショー

    『君の名は。』新海誠トークショー

  • 君の名は。に"難しい"の声

    君の名は。に"難しい"の声

  • 「君の名は。」仏で公開 拍手も

    「君の名は。」仏で公開 拍手も

  • 『この世界の片隅に』仏の反応は?

    『この世界の片隅に』仏の反応は?

  • コネタの記事をもっと見る 2018年3月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース