bit

西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる

       
ヌード、それは多くの芸術家が長年取り組んできた題材です。人間にとって最も身近ともいえるこのテーマに焦点をあてた「ヌード展」。2016年のオーストラリアからスタートし、世界各国を巡回する同展が、いよいよ横浜美術館で3月24日から開催。

世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品から、西洋美術200年にわたる裸体表現の歴史を紐解く同展覧会。いったいどんな“裸体の世界”が待ち受けているのでしょうか。実際に足を運んでみました。
西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる



世界屈指のコレクションから傑作が楽しめる


イギリスで最も人気のある美術館のひとつであるテート美術館は、7万点を超えるコレクションを所蔵しており、今回のヌード展では同館が誇る絵画・彫刻・版画・写真等134点を展示。
西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる


19世紀後半から現代までそれぞれの時代を代表する芸術家の作品はもちろん、ルノワール、マティス、ピカソなど、絵画にあまり詳しくない方でも知っている、超有名画家の作品も観ることができます。
西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる
ピエール=オーギュスト・ルノワール《ソファに横たわる裸婦》1915年

西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる
エドガー・ドガ《浴槽の女性》1883年頃

西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる
ハーバート・ドレイバー《イカロス哀悼》1898年発表


ギリシア神話の「イカロス」をテーマにした絵も。蝋で固めた羽で空を飛び、太陽に近づきすぎてしまったために蝋が溶けて落ちてしまったイカロス。音楽の授業で習った歌を思い出しつ、胸が締め付けられるようです。
西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる


イギリスの代表的風景画家であるウィリアム・ターナーの貴重なヌード作品も見ることができます。

日本初公開、ロダンの「接吻」に圧倒される


4つ目の展示室に入ると、この展覧会の目玉ともいえるロダンの大理石彫刻「接吻」が大迫力で迫ってきます。高さ約180センチほどあるこの大理石像は世界にわずか3体限り。そのうちの一体がついに日本初公開となりました。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「西洋美術「ヌード」表現の200年をたどる」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    世の中に美しいものは多くあるが、男性にとって女性の裸体ほど美しく思えるものは他にない。その感性が人類をここまで進化させた一因だと思う。

    6
  • 匿名さん 通報

    若い男の裸体も美しいわ。

    1
  • 匿名さん 通報

    女性の裸体、全てが美しいとは思えないし、人気のある裸体画は男性の欲望の表現と見えてしまいます。それを確認に行きます。ヌード、裸体画、街中の女性の裸の女子像を見て違和感を感じたことはありませんか?

    0
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月3日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。