連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第7週「謝りたい!」第39回5月18日(金)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:土井祥平

41話はこんな話


秋風(豊川悦司)のネームを捨ててしまった疑惑により、鈴愛(永野芽郁)はオフィス・ティンカーベルをクビになり、律(佐藤健)に助けを求める。
そして、鈴愛は、東京最後の夜、バブル東京のメッカ・マハジャロで踊る。

秋風の仕打ち


今回は翌日解決とはいかず、鈴愛は即刻、秋風ハウスまで追い出されてしまう。
岐阜の最終バスもない時間に未成年を放り出すのはありなのか・・・それはドラマだから、としか言いようがない。
そうなっても鈴愛には律がいる。律のマンションの前で笛鳴らし、「り〜つ〜」と呼ぶと、正人(中村倫也)がベランダに出て来た。
その頃、律は【喫茶おもかげ】で、へんな派手な服(本人はおしゃれと思っている)を着て、ホットドック・プレス的な雑誌を読んでいた。「ホットドッグ・プレス」とはバブル期の若者のバイブル的雑誌。これを読んで男子は遊びまくっていた。

「襲わない」


正人に連絡をもらって部屋に戻り、鈴愛を中に入れ、優しく話を聞く律。
鈴愛は一晩泊めてと頼む。「襲わない」からと。
鈴愛と律の間には男女意識がないようなのだが、ことあるごとに「好きや」「告白か」とかふざけあって、
そしてここで「襲わない」だ。
律も鈴愛も、そこそこ男女の差異や恋愛や性欲を認識、自覚しているのに、ふたりの間にだけはそれがないことになっている。理屈で考えると、ん〜? となるが、だからこそふたりは、不可侵で純粋なのだ。そこに、ドラマがある。