高橋優 『プライド』発売 「自分のスタンスで詞を書き、一番楽しいスタイルで曲を作る」/インタビュー1

――5月30日に発表するニューシングル『プライド』は、ツアーからの繋がりも感じました。歌に宿っているメッセージに。

高橋:表題曲「プライド」は、ツアー中にNHK Eテレのアニメ『メジャーセカンド』のエンディングテーマのお話をいただいて、ツアー中に書いて、そしてツアー中にレコーディングもしました。『メジャーセカンド』は野球の漫画なんですけど、野球を超越して、自分の人生とリンクする部分も多いなと思って。だから歌詞のテーマを見つけたり、歌詞を書くことに、あまり長い時間は掛からなかったです。

――それに野球といえば、昨年、高校野球応援ソング「虹」も書いたじゃないですか。

高橋:「虹」を書かせてもらった時に思ったんですけど、人間、どこか根っこのところで思うことは似ているんじゃないのかなと。9人の選抜メンバーに選ばれなかった時の悔しさは、もしかしたら自分の中にもある悔しさと似ているところがあるかもしれないし。思うように球を投げられなかったことは、もしかしたら思うような歌詞が書けなかったとか。気持ちの根っこのところは似ているなって意味では、『メジャーセカンド』も勝手にシンパシーを感じているところはあります。
高橋優 『プライド』発売 「自分のスタンスで詞を書き、一番楽しいスタイルで曲を作る」/インタビュー1
撮影/キムラタカヒロ

――「プライド」の歌詞は、自分というより相手に向けてバシバシと投げているのも印象的ですが?

高橋:「プライド」で歌っている内容は、デビュー当時からもしかしたら大きく変化していないような気がしているんです。路上ライブをやっていた頃に近いかなと思ったりもしているんですよ。あと明確に相手に向かって歌うのは、ツアー中に書いたからかもしれないです。さっきおっしゃっていただいた前向きになってもらえるっていうのは、すごく嬉しいことだし。明日からまた頑張ろうと思えるのも、すごく嬉しい。今回のツアーでライブの終盤では、わりと僕もそういう気持ちになっていたんですよね。よっしゃー、次に向かって行くぞって。そういう気持ちでステージを降りるという。あの精神状態をずっと持ったまま、この「プライド」の制作に取り掛かったので、投げかける言葉が出てきたというか。自分の内に向いた言葉ではない歌になったかもしれないです。あと、ライブで歌うことをすごく意識しながら書いたってところもあります。セットリストのこのへんで歌いたいなとか、勝手に一人で考えて曲作りするのも好きなので。

あわせて読みたい

高橋優のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋優」に関する記事

「高橋優」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋優」の記事

次に読みたい「高橋優」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク