review

「プロフェッショナル 仕事の流儀」かこさとし 『ならの大仏さま』に託された反省、意志、期待

今夜放送のNHK総合の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(毎週月曜よる10時25分~)では、去る5月2日に92歳で死去した絵本作家のかこさとし(加古里子)がとりあげられる。同番組は、彼が亡くなる直前に密着取材していたという。

かこさとしの作品といえば、「だるまちゃん」「からすのパンやさん」シリーズといったオリジナルのキャラクターが活躍する絵本のほか、川の流れを源流から海に出るまでたどった『かわ』をはじめとする科学絵本など、子供のころ愛読した人も多いだろう。私も、小学生のときに読んだ科学絵本『宇宙』や、年中行事や記念日、偉人の誕生日などをとりあげた『こどものカレンダー』、古今東西の科学者たちの小伝集である『科学者の目』など、彼の著作から少なからぬ影響を受けている。

それでもかこは生涯に600冊以上もの作品を残しており、未読の作品も多い。ちょうど彼について調べる機会があり、最近いくつか作品を手に取ったのだが、なかでも初めて読んだ『ならの大仏さま』(福音館書店、1985年/復刻版:ブッキング、2006年)は、ならの大仏がつくられる過程を歴史、宗教、技術などさまざまな観点から描いており、たくさんのことを教えられた。
「プロフェッショナル 仕事の流儀」かこさとし 『ならの大仏さま』に託された反省、意志、期待
加古里子(かこさとし)文・絵『ならの大仏さま』。1985年に発表されたあと、2006年にはあとがきを一部加筆修正したうえ復刊された。かこによる歴史絵本にはこのほか、『ピラミッド』(1990年)や『万里の長城』(2011年)がある

ちなみにタイトルが『ならの大仏さま』と、奈良がひらがな表記なのは子供向けだからかと思いきや、そうではなかった。冒頭の文章では「奈良」という地名に注釈がつき、次のように説明されている。

《平らな所の意味とか、あるいは楢の木が生えていたためにつけられた地名といわれている「ナラ」に、諾楽・寧楽・平城・奈羅・那羅・乃楽・奈良の字があてられてきましたが、この本では大仏をさす場合には、ならの大仏と記すことにしました》

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。