綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介

綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

ロックバンド『LEGO BIG MORL』のヤマモトシンタロウさんによる、新作映画のレビュー連載。第4回は『パンク侍、斬られて候』を紹介していく。主演の綾野剛を筆頭に、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、國村隼、豊川悦司らの豪華キャストが揃い、脚本を宮藤官九郎、監督を石井岳龍が務める奇想天外なエンターテインメント作をレビューしてもらった。

綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

町田康が2004年に発表した小説を原作に、主演 綾野剛、脚本 宮藤官九郎、監督 石井岳龍というまさに“パンク”なチームで作った映画『パンク侍、斬られて候』が完成したということで、観て参りました。そして、“宣伝不可能”とは正にこのことだと思いながら(綾野さんがそうコメントされていました)、とにかく爆裂だった映画を爆裂にレビューしたいと思います。

『パンク侍、斬られて候』ストーリー


綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

自らを“超人的剣客”と名乗る浪人の掛十之進(綾野剛)は、とある街道で物乞いをしていた親子に突然斬りかかり、「こいつらは、恐るべき災いを引き起こす腹ふり党だ!」と吐き捨てます。その後、この発言により、藩主・黒和直仁(東出昌大)がおさめる黒和藩の家老・内藤帯刀(豊川悦司)に取り入った十之進は、腹ふり党対策要員として召抱えられることになります。そして、腹ふり党の元幹部・茶山半郎(浅野忠信)に会いに行き、そこでろん(北川景子)らと出会うのですが……。腹ふり党とはそもそも何なのか!? 災いとは!? そして猿!? 小さな火種はやがて大きなうねりとなってすべてを呑み込んでいくようになります。

考えるな、感じろ!


綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

いやあ、凄かったです。何が凄いのって説明するのが難しいですけど、例えるなら、いきなり夏フェスのど真ん中に放り出されてモッシュに飲み込まれたような感覚です。完全悪がいてそれを掛十之進がぶっ倒すみたいな想像してる人は安易だぜ。それは俺だったぜ。

この映画については語れば語るほど、野暮ってもんよ! って言いたくなるのですが、“腹ふり党”という謎の集団の出現を機に、そこにいる人達が、ある人は飲み込まれ、ある人は抗い、ある人は開放されていくんです。腹を振らずにはいられないんです! 僕も振りたくなりました。何言っとんじゃい! さっぱりじゃい! ほら、もう難しいもん。でもこの映画に「なんで?」は御法度だと思うんですよね。世の中に存在する良いことと、悪いことの区別っていつ誰が決めたん!? って聞かれたら“本当に正しい”答えなんて誰も答えられないしょ。なんかそういうやつです。ええ。なんかそれっぽいこと言ったぜ。へっ。

綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

掛十之進はそんな腹ふり党と戦うことになるわけですが、腹ふり党とは本当に“悪”なのかということです。ここで宗教について云々語るつもりはないですが、腹ふり党は自分を開放し、腹を振って、本能のままに行脚するのです。そんな姿を観ていると、いまの自分の価値感や、考え方はもしかすると、“世間の皆”が作った倫理観などに縛られて出来上がったものであり、“本当の自分”は一体なんなのだろうか? と不思議に感じるのです。もちろん人間社会はそういうルールが決められることで秩序を保っているわけですが、この映画を観ていると、考えることをやめた“本当の自分”が気になって仕方ないです。試しに家で腹を振ってみましたが、とにかく虚しくなったという報告だけしておきます。

人は皆、何者でもない


綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介
(C)エイベックス通信放送

本能に従うとか、自分を開放するってよく言うけど、え? どうやるん? って思いません? 僕は人前で感情を爆発させるのも苦手だし、なにかと考えてから動くタイプの人間です。どんな状況でも周りに人がいると泣けません。

めっちゃステージで演奏してるがな! と思われるかもしれませんが、不思議なことにステージ上だと泣きそうになることが良くあります。これは“人がたくさんいるから”とか理屈を考えていない自分になれている瞬間なのだと思います。

掛十之進はハッタリと剣術を武器にその時代を流れるように生きています。強い目的の為に生きる者、信念を通す者、何も持たず堕ちていく者、そして猿。さまざまな人物がいるなかで、彼がある意味一番“普通”なのかもしれません。みんな自分が何者なのかを探しているんです。僕もそうです。何が本当で、何が嘘で、何が正義で、何が悪かは、そう信じきれた人次第なんだなと僕はこの映画を観て思いました。社会にうんざりして、阿呆になりたい人はつべこべ言わず、腹を振りながら映画館へ行けばいいんです。

文:ヤマモトシンタロウ(LEGO BIG MORL)

<プロフィール>
綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介

ヤマモトシンタロウ
ロックバンド『LEGO BIG MORL』のリーダーでベースを担当。5月16日にシングル『命短し挑めよ己』を配信リリース。現在、全国ツアー『LEGO BIG MORL 〜Acoustic & Rock〜 TOUR 2018 「月と太陽」』を開催中。8/5(日)東京・恵比寿ガーデンホールでの追加公演も決定。また『MORNING RIVER SUMMIT〜10TH ANNIVERARY SPECIAL〜』(6月30日)、『ap bank fes '18』(7月14日)、『MURO FESTIVAL 2018』(7月21日)、『TREASURE05X 2018 ~DAZZLING DIAMONDS~』(8月17日)、『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018』(9月23日)などの夏のイベントに続々出演が決定している。

https://www.legobigmorl.jp/
https://twitter.com/chin_taurou

映画『パンク侍、斬られて候』オリジナルクリアファイルをプレゼント


本作の公開を記念して、映画『パンク侍、斬られて候』オリジナルクリアファイルを抽選で3名様にプレゼント! 応募方法は下記をご覧ください。
綾野剛主演、宮藤官九郎脚本の映画『パンク侍、斬られて候』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介

(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2018年6月29日(金)~2018年7月18日(金)17:59まで



<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※7月26日(木)までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


映画『パンク侍、斬られて候』
6月30日(土)全国ロードショー
出演:綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司
監督:石井岳龍
脚本:宮藤官九郎
(C)エイベックス通信放送
公式サイト:http://www.punksamurai.jp/

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 綾野剛 ドラマ
  2. 綾野剛 映画
  3. 綾野剛 熱愛
エキサイトの記事をもっと見る 2018年6月29日の芸能総合記事

「綾野剛 + ドラマ」のおすすめ記事

「綾野剛 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「綾野剛 + 映画」のおすすめ記事

「綾野剛 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤健」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤健」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。