<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート

<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
DEAD POP FESTiVAL 2018(Photo by Yuji Honda)

「壁を壊す」。レゲエパンクバンドSiM主催のフェス『DEAD POP FESTiVAL』は、初開催以来このコンセプトのもと過去9度開催されてきた。SiMの地元でもある神奈川。その川崎市東扇島東公園特設会場にて野外2Daysスタイルでの4回目の開催となった今年も、その趣旨は変わらず。いや、ラインナップ的にも各アーティストの好演的にも、その辺りはさらに強まった印象を受けた。

初の両日ソールドアウトとなった今回の同フェス。各々ジャンルやカテゴリー、イメージや偏見の壁を見事に壊していく名場面と幾度も遭遇することができた。観測史上稀な早期梅雨明けとなり、夏突入の好天のなか行われたこの熱闘。その模様の幾つかをピックアップし、お贈りしたい。

SUPER BEAVER


<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
SUPER BEAVER(Photo by kohei suzuki)

去年はCHAOS STAGEでの出演だったSUPER BEAVER。今年の彼らはメインとも言えるこのCAVE STAGEのトップバッターを飾った。その持ち前の信念と信憑性を歌やサウンドに変えて放った彼ら。貫き通すべき強い信念の必要を、この日のステージ上の4人は各曲を通し集まった多くの人の前で体現してくれた。

まずはオーディエンスのクラップとともに「美しい日」で幕を開けたこの日。同曲の歌物語に会場中が自分にとっての尊きものへと想いを馳せていく。続く「青い春」がさらにライヴを加速させると、同曲が歌に乗せて、今度は自分にとっての会いたい人を各人に思い浮かばせる。

中盤のMCではボーカル渋谷が『ライヴハウスから来たSUPER BEAVERです』と出自を誇示。『次はSiMとライヴハウスという自分たちの主戦場で共演したい』とアライアンスを交わす。また、みなを終始バウンスさせた「正攻法」、“好きなことを大切にして欲しい!”との願いを込めて放たれた「秘密」では、会場の雄々しいレスポンスが勇気と活力を分け与え、ラストは「ありがとう」が、集まった人々各々の伝えなくてはならない大切な言葉を代弁してくれた。

岡崎体育


<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
岡崎体育(Photo by kohei suzuki)

このフェス唯一、一人だけでステージに臨んだ岡崎体育。しかし、いつもながらそこにはポツンとした感じや寂しさ、物足りなさは皆無。それこそが彼の放つバイタリティや気持ちの繋がり、そして、どこか保持している男としての信頼感に他ならない。そしてこの日も終始、和やかで親しみやすいながらも秘めた想いの数々が各曲から溢れ出ていくように放たれた。

会場の鬱憤を踏み潰すべく場内にバウンスとストンプの嵐を巻き起こした「stamp」「R.S.P」に続き、通称「世界一安全なウォールオブデス」こと「Walk Of Death」が準備されたモーゼの十戒のなか、しめやかに行われる。また、「感情のピクセル」時には、「いつも独りで寂しい」と語る岡崎に、なんとSiMの演奏陣がエアバンドとしてバックを務める場面も。また、パペット人形のペックとともに贈られた「FRIENDS」では、コミカルさの中に一抹の切なさを織り交ぜ場内を感心させ、ラスト2曲は<限界突破!>と言わんばかりにアッパーな「XXL」、「The Abyss」が、1人対約10000人だった体勢を、気づけば約10001人の共同体化させている光景と出会わせてくれた。

MAN WITH A MISSION


<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
MAN WITH A MISSION(Photo by kohei suzuki)

3年ぶりの同フェス出場のMAN WITH A MISSION。SEとともに彼らがCAVE STAGEに登場すると一斉にバンドのロゴが描かれたマフラータオルが歓迎の意味も込め場内中で掲げられる。

1曲目は会場全体をバウンスさせた「Hey Now」。開放的な同曲が上昇感をグンと引き上げる。スクラッチから「FLY AGAIN」に入ると乾いた地面から土煙が昇り出し、それはさながら上気するスモークのようにも映り、美しい交戦の場面を彩っていく。

『暑イノハ、気温デハナク、アナタタチノホウデス。ナンタッテ日本一クレイジータチガ集マルフェスデスカラ』とMC。中間部では一度若干クールダウン。「Take me under」が哀しみを超えての走り出しを伝えれば、ラウドさとポップさ、そしてキャッチーさといった彼らの真骨頂が炸裂した「database」、切ないメロディがそのスケール感と共に広い会場の隅々にまで響いた「Emotions」では、場内の大合唱が楽曲の完成へと導いていった。『アナタタチノヨウナ(クレイジーナ)輩(ヤカラ)ガ、今後モ、コノフェスヲ支エテ欲シイ』との言葉が新曲「Winding Road」と共に贈られ、ラストは「Raise your flag」が場内を嵐のように駆け巡っていった。

ONE OK ROCK


<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
ONE OK ROCK・Taka(Photo by kohei suzuki)

過去2回は、どうしてもスケジュールが合わず断念。三度目の正直が叶い実現した、今回のDEAD POP FEST.への参加。それも手伝い、ONE OK ROCKのライヴ前は、観客からも緊張の雰囲気が漂っていた。メンバーが登場すると、各所から嬌声に近い歓声が場内に轟く。ワンオクの東京ドーム公演で、MAH(SiM)、Masato(coldrain)、Koie(Crossfaith)による「Skyfall」を観て以来、彼らをまた同じステージで観れる日(といってもタイムテーブルは別だが)を待ち望んでいた。生憎、Koieは海外だったが(MAH談)……。

『やっと出れたぜ、デッドポップ! 声を聞かせてくれー!』とTakaの掛け声とともに「Taking Off」から勢いよくライヴがスタート。待ってました、といわんばかりにジャンプする観客の盛り上がりで会場が大きく揺れる。会場中から起こる割れるようなクラップ音で始まったライヴの定番曲「Deeper Deeper」では、観客はここぞと言わんばかりに手を高く掲げる。MCではNIRVANAの緑色のシャツを着てきたTaka(Vo.)が、MAHとの想い出を語るシーンも。SiMの前身のバンド・Silence iz MineのオマージュでもあったNIRVANA。出会った頃のTakaとMAHは“バチバチ”対立していたという。だが、多くの時間を重ね、いまや同志とも言える仲となった。その当時にMAHがよく着ていた緑色、そして彼がお気に入りだったバンドが描かれたシャツを今日はTakaが着て、SiMが創り上げたDEAD POP FEST.のステージでライヴを行っている。そのTakaのMCや佇まいからは、彼らの関係性の深さや敬意の表しを改めて感じることができた。

黄昏時、夕陽がステージに射し込むなか届けられた「We are」。伸びるTakaの歌声にオーディエンスのシンガロングが重なり、会場中に響き渡る様子はまさに圧巻。この日のハイライトを作り出した。ラストは「完全感覚Dreamer」を披露し、渾身のシャウトを会場に轟かせた彼ら。『久々のフェスでめちゃくちゃ緊張していて、心臓バクバクだった。みんな今にも中指立ててきそうなやつらじゃん』とTakaは笑って言っていたが、強烈なオーラを放ったワンオクのステージは、初見のオーディエンスにも強いインパクトを残したに違いない。

SiM


<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
SiM(Photo by kohei suzuki)

気づけばすっかりと夕闇が周りを支配。海側の工場地帯の近未来な夜景も美しく幻想的だ。そんななか現れたのがトリのSiMであった。振り返るとこの2Daysは、比較的ラガ度が高め。それはあたかも『俺たちはレゲエパンクバンドだ!』との誇示の如く。叫びと哀しみの入り混じった「A」を皮切りに、「Amy」ではドライブ感が場内に寄与され、次の「Faster Then The Clock」では数多くのサークルモッシュが形成されていった。

『よくぞ最後まで生き残っててくれました。俺たちがきっちりズバッととどめを刺すから!!』とボーカルのMAH。「GUNSHOTS」では、ポップラガに乗り場内もモンキーダンス。HEY-SMITHのイイカワケン(Tp)を交えて贈られた「Rosso & Dry」に於いては、哀愁と浮遊感のあるトランペットと共に彼ら流のラバーズレゲエが場内に広がっていった。また「Evolution is Solution」のモータードライブ部では無数のヘッドバンキングが育まれ、ラガとストレートさの融合、そしてダブステやストーナーロックも楽しめた「WHO'S NEXT」、ラスト「KiLLiNG ME」では、楽器回しや回転も連射され、会場全体でジャンプをキメ、一旦ステージが締まる。
<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート
左からONE OK ROCK・Taka、SiM・MAH、coldrain・Masato(Photo by kohei suzuki)

アンコールでは「Blah Blah Blah」でのラテンポップ部での場内のバウンスが会場の一体感を促進すれば、ラストの「f.a.i.t.h」では、ONE OK ROCKのTAKA、coldrainのMasatoも登場。巨大なウォールオブデスやサークルモッシュを生むと同時に3人のシャウトが場内を席巻。一日目をキッチリと締めた。
<DEAD POP FESTiVAL>初日 SiM、ワンオク、岡崎体育、マンウィズらが熱闘/レポート

取材・文/池田スカオ和宏、日野綾

DEAD POP FESTiVAL 2018 2日目のライヴレポートはこちら
「DEAD POP FESTiVAL 2018」公式サイト

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡崎体育 MV
  2. 岡崎体育 ライブ
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年7月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡崎体育 + MV」のおすすめ記事

「岡崎体育 + MV」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎体育 + ライブ」のおすすめ記事

「岡崎体育 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「BEGIN」のニュース

次に読みたい関連記事「BEGIN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース