review

「ジュラシック・パーク/炎の王国」スピルバーグを研究し倒したジュラシック本歌取り、リスペクト!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、和歌でいう本歌取りのような映画である。前作『ジュラシック・ワールド』からの続く新作ではあるが、それと同時にオリジナルの『ジュラシック・パーク』シリーズからの引用に彩られた、シリーズへのリスペクトに満ちた映画だった。

やめときゃいいのに火山の島に恐竜救出へ! ウー博士も再登場だ!


『炎の王国』の舞台は、前作『ジュラシック・ワールド』の3年後。開業して観光客が来まくっていたジュラシック・ワールドが、人工恐竜インドミナス・レックスの暴走で壊滅した事件の後である。ジュラシック・ワールドがあったイスラ・ヌブラル島は放棄され、恐竜たちはそこで自由に生活していた。が、火山活動が活発になり、人間によって復活させられた恐竜たちは二度目の絶滅の危機に瀕することに。

ジュラシック・ワールドの元運営責任者であり、崩壊したワールドから脱出したクレア・ディグリングは恐竜保全のための団体を作り、火山の噴火から恐竜たちを保護しようと活動していた。クレアは初代ジュラシック・パーク創設者であるジョン・ハモンドのビジネスパートナーだった資産家ベンジャミン・ロックウッドからの協力を取り付け、またロックウッド財団の経営者イーライ・ミルズからの依頼もあって、ワールド崩壊を生き延びたはずのヴェロキラプトル「ブルー」を捜索することに。そのために再度駆り出されたのが、クレアと共にワールドから逃げ出した元ラプトル飼育員のタフガイ、オーウェン・グレイディだった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク