bit

福引もある「商店街」は日本独特の文化? 訪日外国人向けフリーペーパーが面白い

日本を訪れる外国人観光客に人気のフリーペーパーがある。日本版(東京版)はもちろん、香港、台湾、マレーシア、タイ、シンガポール、インドネシア、フランス・パリ、メキシコ、アメリカ・ロサンゼルス、オーストラリアと全世界11か国、年間配布数200万部を誇る月刊誌「WAttention(和テンション)」だ。


福引もある「商店街」は日本独特の文化? 訪日外国人向けフリーペーパーが面白い
雑誌名の由来は「和(日本)に注目(アテンション)してほしい」という願いから


この雑誌の作られた経緯や外国人に人気の記事について、代表の鈴木康子さんに話を聞いた。

海外では、日本にはまだ忍者がいると思われている


――これを創刊するきっかけは?

もともと私はシンガポールで働いていました。その後起業し、現地に暮らしている日本人向けの生活情報誌を作っていたのです。ある時、今度はマーケットを180度変えて、日本が好きなシンガポールの方に何か発信ができないかと考えたのです。

そこで2010年、「WAttention」のシンガポール版を創刊しました。フリーペーパーの収入源は広告掲載料ですから、日本からの広告を集めるための営業活動の拠点として、翌年に東京に本社を設立。同時に、日本の中心である東京に来ている外国人向けの「東京版 WAttention」も発刊。以降、他の国に展開していきました。

東京版で取材した記事を翻訳し、他の地域に転載することもありますが、毎号50~80%は、各国がそれぞれ独自取材しています。

福引もある「商店街」は日本独特の文化? 訪日外国人向けフリーペーパーが面白い
シンガポール版の記事「日本の商店街」より抜粋。海外にはショッピングタウンがあるが、イベントや福引など他店と連携する商店街という文化・概念がないらしい


――外国人向けの日本の情報誌は他にどのぐらいあるのでしょうか?

無数にあると思います(笑)。ただ中には日本の観光雑誌を現地語に翻訳している物や、自分たちだけの視点で取材した物、さらには広告ページしかないような雑誌もあります。その中で私たちは、「日本人が読んでも納得してもらえる正しい情報」を大事にしています。

そこで、台湾版なら台湾人のライター、パリ版ならフランス出身のライターなど、現地のライターが取材をするのですが、その際ほぼ必ず、日本人のディレクターが同行。偏った物の見方をしないようアドバイスしていきます。

例えば日本には未だに「忍者がいる」と誤解している外国人もいるくらいですから、海外との認識のズレを修正しながら、読み物としても面白いページに仕上げていきます。

福引もある「商店街」は日本独特の文化? 訪日外国人向けフリーペーパーが面白い
忍者を紹介する記事


福引もある「商店街」は日本独特の文化? 訪日外国人向けフリーペーパーが面白い
日本人でも読みたくなる


――ちなみにこの「WAttention」に携わる外国人ライターはどのくらいいるのでしょうか。

世界に約300人います。そう聞くと驚かれるかもしれませんが、この人数は「読者ライター」と言って、ノンプロでも日本が好きで日本の情報を伝えたい一般の方を含めた数です。それ以外のプロのライターは約10~20人。日本に在住していたり、向こうで暮らしていて、取材のため来日することもあります。

――「WAttention」の配布場所ですが、どこで配っているのでしょうか。

この雑誌は、日本に訪れる機会の多い「中間層以上」をターゲットとしていますので、配布場所も、日本食レストランや旅行会社、日本語学校などある程度限らせていただいています。大体海外で3000か所に置いています。

都内ですと350か所。アメリカ大使館やフランス商工会議所、成田空港と羽田空港の到着ロビーなど様々です。意外なところでは米軍キャンプの厚木基地。兵士やその家族のために、日本の文化を知るための教材として使われているそうです。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年7月23日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース