review

24時間テレビスペシャルドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」姉への想いと赤塚不二夫との友情

今年で40周年を迎えた日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」(今夜6時30分〜)。今夜9時頃からは24時間テレビドラマスペシャルとして「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」が放送される。主人公の石ノ森章太郎は、『サイボーグ009』『仮面ライダー』などの作品を生んだマンガ界の巨匠で、今年がちょうど生誕80年および没後20年にあたる(彼は1986年以前は「石森章太郎」のペンネームを用いていたが、この記事では「石ノ森章太郎」で統一する)。今回のドラマでは、その石ノ森をSexy Zoneの中島健人が演じる。
24時間テレビスペシャルドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」姉への想いと赤塚不二夫との友情
サンエイムック『石ノ森章太郎の物語』(三栄書房)。石ノ森章太郎が自分自身を登場させたマンガをフィーチャーした作品集。手塚治虫の思い出をつづった「風のように……背を走り過ぎた虫」などを収録

家族で唯一の理解者だった姉


ドラマでは、今年の24時間テレビのテーマ「人生を変えてくれた人」に合わせて、石ノ森と姉・小野寺由恵(ドラマでは木村文乃が演じる)との関係を中心に描かれるようだ。

石ノ森章太郎(本名・小野寺章太郎)は、宮城県の片田舎──のちにペンネームとした石森(いしのもり)町(現・登米市)に生まれ育った。終戦直後の本に飢えていた時代、3歳上の姉・由恵の提案で、家中から不要な紙を集め、姉が文章を書き、彼が絵を描いて雑誌をつくった。それが石ノ森にとってマンガの描き初めであり、以来、彼は姉に見せるためだけにマンガを描くようになったという。中学に入ると「毎日中学生新聞」や雑誌「漫画少年」に猛然と投稿を始めた彼に、両親は渋い顔をしたが、姉だけは理解者だった。

高校時代、すでに雑誌「漫画少年」で連載をもっていた石ノ森は、卒業後は東京に出て、マンガを描きながらその収入で大学に行くつもりでいた。しかし地元の大学に入ってもらいたい父親とは真っ向から対立する。上京の日は姉だけが雨のなか見送ってくれた。1956年春のことだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「24時間テレビスペシャルドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」姉への想いと赤塚不二夫との友情」の みんなの反応 8
  • なにこれ 通報

    ダラダラ書いてあるけど、全然ドラマのことについて書いてない。 まるでドラマのレビュー記事であるかのような詐欺見出しは今後一切やめてくれ。

    7
  • 匿名さん 通報

    手塚に嫉妬された有名なエピソードいれるんか

    3
  • 匿名さん 通報

    大物の名前だせば、番組の抱えている諸問題は全てチャラにして、視聴者黙らせよう。少し前から、そんな感じがする。人気のある時の小池百合子。今年は羽生・黒柳その他。

    3
  • 匿名さん 通報

    >石ノ森は、マンガで稼いでも、テレビやテープレコーダーなどにカネを注ぎ込んでしまい、家賃が払えなくなるということもしばしばだったらしい。  困った人だ(汗)❗

    2
  • 匿名さん 通報

    石ノ森さん、海外旅行に出で帰ってきてから、漫画製作に向かう気持ちが様変わりしたんですね❗興味深いです。

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。