連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第23週「信じたい!」第135回 9月5日(水)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:土居祥平
「半分、青い。」135話。衝撃「お母ちゃんが癌や」
「半分、青い。 下 」文春文庫 北川 悦吏子 

半分、青い。 下  文春文庫 北川 悦吏子

135話はこんな話


戻って来た津曲(有田哲平)が新たに立ち上げたラーメン店で、鈴愛(永野芽郁)が塩ラーメンをすすっていると草太(上村海成)から電話がかかってきた。

「なにがあってもすべてあのときのときめきからはじまっていることを忘れるものか」


135話では鈴愛と律(佐藤健)、それぞれの人生の岐路が平行して描かれる。

律はカンちゃん(山崎莉里那)を助けるために骨折。なにかと不自由している彼の家にカンちゃんを連れて光江(キムラ緑子)が食事(チキンライスとスープ)持参でやって来た。
説明するまでもないと思うが、光江は、鈴愛の元夫の叔母。働く鈴愛に代わってカンちゃんのスケートの時など面倒を見ているらしい。
光江は律の存在を気にする。鈴愛に再婚してほしいと思っているようだ。

カンちゃんと一緒に工作しながら、律は「何か大事なこと」を思い出す。
それは、子どもの頃、マーブルマシーンやゾートロープ、糸電話を作った感動。
やがてやって来た正人(中村倫也)に、紙コップとストローで作った動く蟹を見せながら、
「何か作りたかった昔から」
「その先に誰かの笑顔があればいい」
「絶対誰かの役に立つと思ったんだ」