review

新朝ドラ「まんぷく」スタート。安藤サクラは安藤百福の血縁ではないが、凄い血筋、俳優大家族

第1週「結婚はまだまだ先」第1回10月1日(月)放送より
脚本:福田 靖 
演出:渡邉良雄
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ 長谷川博己 ほか
語り:芦田愛菜
制作統括:真鍋 斎
新朝ドラ「まんぷく」スタート。安藤サクラは安藤百福の血縁ではないが、凄い血筋、俳優大家族
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版

連続テレビ小説 まんぷく Part1

1話のあらすじ


1938年・昭和13年、大阪。
日中戦争の軍需景気によって豊かだった時代。
主人公の今井福子(安藤サクラ)は三人姉妹の末っ子として快活に育ち、女学校を卒業、大阪東洋ホテルに就職、電話交換手の任務につく。
そこではじめて電話を受けたのは、立花工房の立花萬平(長谷川博己)という人物。彼こそが運命の相手であることを福子はまだ知らない。

ヒロインのモデルは安藤百福の妻


「ラーメン食べたい」と歌ったのは矢野顕子。
朝ドラ99作め「まんぷく」。初回からラーメンが食べたくなった。
このドラマの主人公は、日本ではじめてインスタントラーメンをつくった実業家・安藤百福を支えた妻・仁子をモデルにしている。
安藤百福の功績は多くの書物に書き残されているが、妻のことはほとんど書かれていないため、ドラマでは自由に発想して描くという。

ヒロイン安藤サクラとは


主人公・福子を演じる安藤サクラは、苗字が安藤百福と同じだが、血縁ではない。
彼女は俳優・奥田瑛二と作家・安藤和津の娘で、安藤和津は29代内閣総理大臣・犬養毅の孫に当たる。いずれにしてもすごい血筋。そして安藤サクラの夫は俳優・柄本明の息子・佑(「あさが来た」の白蛇はん)と俳優大家族となっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年10月2日のレビュー記事をもっと見る
「新朝ドラ「まんぷく」スタート。安藤サクラは安藤百福の血縁ではないが、凄い血筋、俳優大家族」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    脇を固める俳優陣も豪華な顔ぶれで、期待出来そう。人懐っこい安藤サクラさんも自然体でいいなぁ。何より懐かしい昭和時代の暮らしぶりを観れるってとこに惹かれます。

    19
  • 匿名さん 通報

    福子は愛嬌があって可愛らしい。演じる安藤サクラさんも、とても明るそうな方だなという印象です。

    17
  • 匿名さん 通報

    しょっぱなの街の風景に大急百貨店が映ってましたね。あと、私は気付きませんでしたが、北村笑店の看板もあったらしいです。それと、つくし食品(食堂ではなく)も。ついでに、萬福足袋も。初代通天閣も。

    13
  • 匿名さん 通報

    安藤百福さんといえば「てるてる家族」。BSの再放送もこの時期に「てるてる家族」持ってくれば良かったのに。「てるてる家族」のキャストも出てきたらうれしいなぁ。

    11
  • 匿名さん 通報

    >「まんぷく」のオープニング映像で遺憾なく発揮されている。海や森のなかで表情をくるくる変えるのびやかさ。振り付け感がなく、姿勢もすこしよくないところにもむしろ親近感が沸く。 印象的なopでしたね!

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース