review

浦沢直樹待望の新連載は「あさドラ!」舞台がいきなり名古屋で意表を突かれてしまった

マンガ家の浦沢直樹が、「週刊ビッグコミックスピリッツ」2018年45号(10月6日発売。電子版もあり)より、同誌では11年ぶりの本格連載となる『あさドラ!』をスタートさせた。
浦沢直樹の新連載『あさドラ!』の主人公・浅田アサが表紙に登場した「ビッグコミックスピリッツ」45号。電子版もあり

「嵐を駆ける少女」はどこに向かう?


『あさドラ!』は「連続漫画小説」と銘打たれているように、NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)を意識していることはあきらかだ。だが、冒頭は朝ドラのイメージを覆すように、いきなり2020年、東京が怪獣らしきものに襲われ、火の海となる場面で始まる。

5ページにわたって近未来の厄災がほのめかされたあと、時代は一気にさかのぼり1959年。台風接近により高波が打ちつける名古屋港を一人の少女が駆けていく。一転して、いかにも朝ドラ的世界らしい光景だ。

少女が嵐のなかを走っていたのは、母親が産気づいたので、産婦人科まで医者を呼びに行くためだった。この間、彼女の名が「アサ」であること(3年前の朝ドラ「あさが来た」のヒロインと表記こそ違うが同じ名前だ)、何人もいるきょうだいのなかでも影が薄いせいか、近所の人にしょっちゅう名前を間違えられていることなどがあきらかにされる。

医者を無事に呼び出したあと、アサはひとり家路につく。その途中、クルマ(いすゞ自動車のヒルマンミンクスっぽい)を乗り回す石原裕次郎かぶれの青年と遭遇し、カーラジオから流れる曲(この年、飛行機事故で亡くなったバディ・ホリーの歌う「Becouse I Love You」か)に反応したかと思えば、さらに幼馴染の正ちゃん(アサより一つ上の中学1年生)が町内を走っているところに出くわす。正ちゃんは、5年後の開催が決まった東京オリンピックのマラソン選手になる夢を父親から託され、小牧のグラウンドに向けてひとっ走りしている最中だった。ちなみに名古屋港と小牧市は約20キロ離れている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク