90s

『SLAM DUNK』登場前は「バスケ漫画は売れない」と言われていた

『SLAM DUNK』登場前は「バスケ漫画は売れない」と言われていた
『SLAM DUNK』 画像はAmazonより

『SLAM DUNK(スラムダンク)』の名を知らないヤツは漫画好きの中には1人としていないだろう。全31巻で完結した同作は、言わずと知れたバスケットボール漫画の金字塔だ。

不良でバスケど素人の主人公桜木花道が、湘北高校の仲間たちと全国制覇を目指す物語。ちなみに、漫画の連載期間は約6年間だが、作中で描かれたのは桜木花道の高校入学から夏のインターハイまでのわずか4ヶ月あまりの出来事だった。

『SLAM DUNK』は漫画界のタブーに挑戦した漫画


作者の井上雄彦は『SLAM DUNK』単行本最終巻となる31巻のあとがきでこう述べている。

“編集者から「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている。」と何度か聞かされました。コケるのを覚悟しろという意味です。(たぶん)”

高校野球からプロ野球までみんな大好きな野球や、プロ化の流れにあったサッカーと比べて、バスケットボールはモチーフとしてはマイナーすぎるスポーツだった。漫画として人気が出にくいコンテンツだったのだ。しかし『SLAM DUNK』はそんな不安を見事に打ち破る漫画に成長していくことになる。

『SLAM DUNK』がきっかけで競技人口がグッと増える


『SLAM DUNK』は作品として売れただけでなく、日本のバスケット競技人口をもグッと増やした。漫画連載、テレビアニメ放映期間中の競技人口の推移を見てみると、1990年の競技者数登録はミニバスから一般・実業団まで含めて81万人だったが、連載終了時の1996年では100万人を突破している(日本バスケットボール協会競技者数推移より)。たった6年で競技人口が25%もアップした計算だ。それ以降の競技者人口が減少傾向にあるのも、『SLAM DUNK』の連載終了が無関係とは言えないだろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『SLAM DUNK』登場前は「バスケ漫画は売れない」と言われていた」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    「ダッシュ勝平」は売れたぞ?

    4
  • 匿名さん 通報

    未完だからこそ、いつまでも語り継がれているのではないでしょうか?あの31巻は、いい年したオッサンになってもキレイに保存してありますよ。

    3
  • 匿名さん 通報

    感動した。全てに!

    2
  • 匿名さん 通報

    スラムダンクステマうぜえ。こんな古臭いマンガ若者は誰も読んでねえぞ

    2
  • 匿名さん 通報

    その後のバスケ漫画が売れてないのなら「バスケ漫画は売れない」ってのは合ってるよな。これが例外なだけ。続編は大抵蛇足でゴミになるからやめて欲しいね。

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。