review

北川景子「フェイクニュース」副題「どこか遠くの戦争」を突きつけた後編。それはネット炎上具現化なのか

野木亜紀子の脚本によるNHK総合の土曜ドラマ「フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話」は、10月20日の前編に続き、27日に後編が放送された。
北川景子「フェイクニュース」副題「どこか遠くの戦争」を突きつけた後編。それはネット炎上具現化なのか
「フェイクニュース」で、北川景子演じるネットニュース記者は、元同僚の新聞記者とともに元官僚の不正を暴こうとする。その姿は、映画「大統領の陰謀」で大統領の不正を暴く実在の米紙記者コンビを思い起こさせたが、ドラマは意外な結末を迎える

DVD『大統領の陰謀』

取材対象と同じ境遇に陥ったネット記者


前編では、主人公でネットニュースの記者である東雲樹(北川景子)が、カップうどんに青虫が入っていたとネットで告発した菓子メーカーの社員・猿滑(光石研)を追いかけてきた。何者かにフェイクニュースを吹きこまれて行動をエスカレートさせた猿滑は、やがてそれが原因で勤務先に損害をもたらし、ネットでは素性をさらされ、本来の告発も疑われるはめに陥る。後編は、激しいバッシングを受け、家庭も崩壊に追いこまれた彼が、妻子と別れて家を出るシーンから始まった。

皮肉なことに東雲もまた、猿滑と同じ境遇に陥る。すでに「青虫うどん事件」を報じるなかで、ネット上でバッシングされ、名前と顔もさらされていた。東雲は、猿滑を煽る記事を書いた自分にも責任の一端があるとして、追加取材をして、彼にフェイクニュースを吹きこんだ者を突きとめたいと編集長の宇佐美(新井浩文)に申し出る。しかし宇佐美は難色を示し、どうしても取材を続けたいのなら、青虫うどん事件関連の事件を毎日1本書けと条件をつけた。まだバッシングの続く東雲の名前を出して記事をあげれば、中身が何であれ、PV数を稼げるというのがその理由だ。

東雲は、猿滑にフェイクニュースを吹きこんだ人物を探す過程で、新聞記者時代の同僚の西(永山絢斗)から、目下、県知事選に出馬していた元官僚の最上(杉本哲太)の利権がらみの不正を匂わせる情報を得ていた。最上は、東雲が新聞記者だったころ、取材中にセクハラを受けた因縁の相手だ。このとき彼女は、最上に対し、とっさにテコンドーの技を使ってけがをさせていた。結局、最上もセクハラの事実が公に出るのを恐れて、示談で決着したのだが、この一件が原因で新聞社に居づらくなった東雲はネットニュースに出向する。

あわせて読みたい

  • 超話題「フェイクニュース」前編を観た

    超話題「フェイクニュース」前編を観た

  • バズったツイートはデマか本当か?検証

    バズったツイートはデマか本当か?検証

  • 草なぎ剛「赤報隊事件」テロとメディア

    草なぎ剛「赤報隊事件」テロとメディア

  • 江戸時代のデマ、陰謀、怪情報。ツイッターがなくてもあった『江戸の風評被害』

    江戸時代のデマ、陰謀、怪情報。ツイッターがなくてもあった『江戸の風評被害』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月29日のレビュー記事
    「北川景子「フェイクニュース」副題「どこか遠くの戦争」を突きつけた後編。それはネット炎上具現化なのか」の みんなの反応 1
    • ha 通報

      単純に考えればいいんじゃない。NHKはネット配信を計画していて、ネットユーザーからも、受信料を徴収するつもり。ネットニュースではなく、ネットでNHKニュースを見るべし!推進番組。職員好待遇は維持。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース