review

「プリティが多すぎる」先輩、千葉雄大へのそのキスはセクハラです!4話。今期ドラマは強引なキスが多め

心寧「私、やっぱりモデルなんてできないです。ごめんなさい……」

11月8日(木)深夜放送のドラマプリティが多すぎる(日本テレビ系)第4話。
原宿系ファッション誌『Pipin』のトップモデル・キヨラ(長井短)に匹敵するスターを探すため、新見(千葉雄大)や利緒(佐津川愛実)らPipin編集部員たちは「大スナップ祭」を開催した。『Pipin』に載りたい女の子たちが集う中、新見は彼女らが話題にしているプチカリスマ・心寧(ここね)ちゃん(武田玲奈)を探し当てた。

一度はPipin編集部を訪れてモデルへの意欲も見せた心寧。しかし、心寧を見て「カワイイけどなんか違う」と悩む利緒を見て、「やっぱりできない」と去ってしまう。
「プリティが多すぎる」先輩、千葉雄大へのそのキスはセクハラです!4話。今期ドラマは強引なキスが多め
イラスト/まつもとりえこ

巽先生と心寧ちゃんと新見が抱える一つの悩み


新見が文芸編集部で担当していたコワモテの作家・巽信次郎(麿赤兒)と、原宿のプチカリスマ・心寧ちゃんがリンクした4話。二人の共通点は、「やりたいこと」と「認められる(売れる)もの」のバランスでもがいていたことだった。

巽の担当編集者が新見から近松(中尾明慶)に変わり、巽の小説は売れなくなっていた。近松は「巽先生の原点に立ち返るような真に迫る作品にしたい」と言うが、新見はもっと派手さがあれば売れると考えている。

新見「作家の書きたいものと売れるものは別です。それをコントロールするのが編集者の仕事だと、僕は思っています」

ベストセラーだけを目指す新見のスタンスが、巽を窮屈にさせていた。巽は「自分にしか書けないもの」を書きたいと思っていたし、「売れなくてもいい、もう一度自分に向き合いたい」と言っていたのだ。文芸編集長の柏崎(杉本哲太)は、新見に言う。

あわせて読みたい

  • プリティが多すぎる テニミュ俳優導く

    プリティが多すぎる テニミュ俳優導く

  • 「プリティが多すぎる」千葉雄大ハマる

    「プリティが多すぎる」千葉雄大ハマる

  • 「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

    「音量を上げろタコ」舞台挨拶徹底レポ

  • 「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

    「もみ消して冬」キス魔・波瑠最高です

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース