review

「あなたには渡さない」脱ぎなさい!「その肌は、透き通るように白く、絹のような光沢を放っていた」5話

通子「あの女。そうよ、元はと言えば全部あの女。どんな罰を下してやろうか」

12月8日(土)放送の、土曜ナイトドラマあなたには渡さない(テレビ朝日系)第5話。

通子(木村佳乃)は、旬平(萩原聖人)と多衣(水野美紀)が半年も前に結婚していたことを知ってしまった。二人を信じたいと思い始めていた矢先の、裏切りの発覚。さらに、多衣を連れて行った薪能(たきぎのう)の会場で、通子は笠井(田中哲司)が彼の妻と歩いているのを見かける。通子に思いを寄せていることを告げ、妻とは離婚したと言っていた笠井。また隠しごとをされ除(の)け者にされていたことに、通子は怒りを感じていた。
「あなたには渡さない」脱ぎなさい!「その肌は、透き通るように白く、絹のような光沢を放っていた」5話
イラスト/まつもとりえこ

いつまでも専業主婦で妹でお姫様だと扱われる疎外感


通子「私は鬼になっていた。この世で最も残酷で悲しい鬼に」

これまでものわかりの良い女を演じてきた通子が、ついに多衣に手をかけた。

通子「あなた、初めて会ったとき私に言ったわよね、鬼になるって。そして旬平を手に入れた。でもそれは、嘘に塗り固められた結婚。だから今度は私が鬼になって、あなたの身体を検(あらた)めるの。そうね、例えればここは関所ね。そして私は、ここを通る女が着物の下に嘘を隠していないか調べる、検め女。私の目が騙せたら、今度こそ本当に結婚を許してあげる」

薪能に影響を受けたのか、妙に芝居がかった台詞を口にし出す通子! 江戸時代の関所には、実際に「検め女」とか「検め婆」などと呼ばれる、女性を検査する専門官がいたそうだ。

あわせて読みたい

  • あなたには渡さない ひー!愛人大渋滞

    あなたには渡さない ひー!愛人大渋滞

  • 戦慄「あなたには渡さない」布団の攻防

    戦慄「あなたには渡さない」布団の攻防

  • 「あなたには渡さない」が最高の予感

    「あなたには渡さない」が最高の予感

  • 不倫ウイルスを制する不倫ワクチンとは

    不倫ウイルスを制する不倫ワクチンとは

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年12月15日のレビュー記事
    「「あなたには渡さない」脱ぎなさい!「その肌は、透き通るように白く、絹のような光沢を放っていた」5話」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      みんな不倫が好きすぎ!信じられない!不倫ドラマ賛美もやめろ!

      3
    • 匿名さん 通報

      不倫が好きなんじゃなくてセ●ックスが好きなんだよ。不倫を批判する人は欲求不満

      3
    • 匿名さん 通報

      バカだなぁ。みんな自分の不倫はOK、他人の不倫はNGなんだよ。

      2
    • 匿名さん 通報

      不倫を批判する奴らからは「私は不幸です」オーラが漂ってくる

      2
    • 匿名さん 通報

      イケメン相手の不倫はOK、キモいオヤジから誘われる不倫は批判。そんなもんだろ、女って

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース