review

2018年、仲良し小説に揺さぶられた。百合の定義とかわからない。ただ仲良しの2人を描いた小説が好きだ

仲良きことは美しきかな。
そう、仲良くしている二人を見ているのが好きなんだ。
2018年を振り返って思うことは、この1年で自分の琴線に触れた小説は仲良しの小説ばかりだった、ということだ。
たとえば1月に出た王谷晶の『完璧じゃない、あたしたち』。それと、5月に出た三浦しをん『ののはな通信』。この2冊は女性同士の深い結びつきを主題にした作品だった。王谷のそれは短篇集で、三浦作品は学生時代から中年期に至る手紙のやりとりで綴られた書簡小説である。そういえば「SFマガジン」が百合特集を組んだら注文が殺到して、発売前に増刷するという事態になったらしい。百合小説の定義とか、よくわからない。ただ仲良しの二人を描いた小説が好きなんだ。
そういう意味で年末近くに出た2冊、米澤穂信『本と鍵の季節』と雪舟えま『緑と楯 ハイスクール・デイズ』もたいへん好きな作品である。2冊とも、男子高校生が仲良くする小説だ。
2018年、仲良し小説に揺さぶられた。百合の定義とかわからない。ただ仲良しの2人を描いた小説が好きだ

2018年、仲良し小説に揺さぶられた。百合の定義とかわからない。ただ仲良しの2人を描いた小説が好きだ

2018年、仲良し小説に揺さぶられた。百合の定義とかわからない。ただ仲良しの2人を描いた小説が好きだ

2018年、仲良し小説に揺さぶられた。百合の定義とかわからない。ただ仲良しの2人を描いた小説が好きだ

図書室で退屈かつ平凡な日常を過ごす2人


米澤の『本と鍵の季節』は、図書委員の2人を主人公にした連作短篇集である。〈僕〉こと堀川次郎と松倉詩門はともに高校2年生で、いつも図書室にいる。違いは、堀川は平凡な外見で、どちらかといえばお人好しと見られる方なのに対し、松倉は背が高いし美男子だし、人を信じない性格の皮肉屋だということだ。その彼らがさまざまな謎に遭遇して、というのが毎回のパターンである。
ミステリーとしてのお薦めは4番目の「ない本」だ。

あわせて読みたい

  • 最終回で真の主人公登場「ユリ熊嵐」

    最終回で真の主人公登場「ユリ熊嵐」

  • 女の子のキャッキャウフフに萌えてます。いかつい百合男子マンガ

    女の子のキャッキャウフフに萌えてます。いかつい百合男子マンガ

  • どこまでいったら百合なの? 森田季節『ノートより安い恋』

    どこまでいったら百合なの? 森田季節『ノートより安い恋』

  • 男なんかいらない、女の子同士がいいんじゃないか!「百合男子」増加中!?

    男なんかいらない、女の子同士がいいんじゃないか!「百合男子」増加中!?

  • レビューの記事をもっと見る 2018年12月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース