review

北の独裁者の代役、現代韓国に降臨「22年目の記憶」演じることの危険と魅惑

韓国を代表する俳優による、演じることのリスクと素晴らしさに関するプレゼン。金日成の代役という奇抜な題材を扱った『22年目の記憶』は、一言で言うとそういう映画である。
北の独裁者の代役、現代韓国に降臨「22年目の記憶」演じることの危険と魅惑

首脳会談のために代役を演じろ! 売れない役者が挑む一世一代の大芝居


1972年、韓国と北朝鮮は南北共同声明を発表し、両国は初の南北首脳会談に臨むことになった。同じ朝鮮半島に位置しているとはいえ、両国は便宜上は戦争中。思想的にも真逆である。そんな2国の首脳が会談するのだから、受け答えも含めて事前に完璧な模擬会談をしておく必要がある。KCIAこと韓国中央情報部は、北朝鮮の指導者である金日成を完璧に演じることのできる代役を探すことを決定した。

キム・ソングンは売れない舞台役者である。幼い息子テシクの面倒を見つつ、いつかセリフのある役を演じたい……。そう願いながらも舞台に出ればセリフが飛び、仕事といえば裏方ばかり。そんなソングンに演劇科の教授ホ・サムウンを通じてオーディションの誘いが来る。張り切って参加したソングンだが、一通りの演技の後は物々しい警備の中を目隠しして移動させられ、多数の兵士からボコボコに殴られ、強烈な拷問にかけられる。ソングンはそれら全てに耐え抜いて見事に選抜され、そしてこのオーディションが「金日成の代役を探す」という目的のために開かれたことを知る。

演技指導のためにサムウンも駆り出され、セリフを考えるため収監されていた左翼の学生も動員される。彼らはソングンに指導を加えるも、ソングンはいまいちな演技しかできなかった。しかしあるとき、金日成の写真から彼の人となりを想像したソングンの中で、何かが変わる。一挙手一投足に至るまで金日成にのめり込み、金日成の体系を再現するため必要以上に食べる日々。そしてソングンは完璧なコピーとなる。しかし代役としての指令は下りず、金日成の人格までコピーしたソングンだけが残されてしまった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2019年1月11日のレビュー記事
「北の独裁者の代役、現代韓国に降臨「22年目の記憶」演じることの危険と魅惑」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この内容が後に史実になるんでしょ???????

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「韓国政府」のニュース

次に読みたい関連記事「韓国政府」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース