review

菅田将暉「3年A組―今から皆さんは、人質です―」は地獄の金八先生「お前ら揃いも揃ってクズだな!」

菅田将暉主演のドラマ「3年A組─今から皆さんは、人質です─」がスタートした。菅田将暉演じる高校教師が、生徒29人を人質に取って「最後の授業」を行うという物語。全10話で卒業までの10日間の出来事を描く。
菅田将暉「3年A組―今から皆さんは、人質です―」は地獄の金八先生「お前ら揃いも揃ってクズだな!」
イラスト/Morimori no moRi

原作はなく、『仮面ライダービルド』や映画『テルマエ・ロマエ』などを手がけた脚本家・武藤将吾のオリジナルドラマとなる。第1話の視聴率は10.2%と上々の滑り出し。これはもちろん同枠の『今日から俺は!』のヒット(最終回の視聴率12.6%!)の影響が大きいはずだ。

ケレン味たっぷりのツカミ


ドラマの冒頭は3月10日。「この瞬間をもって、俺の授業は完結する」とカメラ目線で言う主人公の美術教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき/菅田将暉)。柊はそのまま学校の屋上からダイブするが、テープが巻き戻ると荘厳に鳴り響くベートーベンの第9に乗せて、過去の出来事が凄まじい勢いでコラージュされていく。

コラージュが終わると日付は3月1日に戻り、職員室で柊ら教師一同が謎のダンス風体操を踊りはじめるという、仕掛け満載、ケレン味200%のオープニングだ。これで一気に掴まれた視聴者も少なくないだろう。

柊が運んでいる大きな荷物に女子生徒・魚住(『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の富田望生)が体当たりする1シーンで、彼の学校でのポジションを見せる演出も上手い。「ホームルーム遅刻すんなよ!」と笑う彼女たちの表情には確実に嘲りが色濃く現れていた。柊は生徒たちにとって“雑魚キャラ”なのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2019年1月13日のレビュー記事
「菅田将暉「3年A組―今から皆さんは、人質です―」は地獄の金八先生「お前ら揃いも揃ってクズだな!」」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    レビューにも書かれていますがエンディングだけは楽しい学園コメディみたいだった。なんなんだこのドラマは!(いい意味で、です )

    7
  • 匿名さん 通報

    これかなり面白かった

    5
  • 匿名さん 通報

    今時、真っ昼間に凡庸な教師が単独であれだけのことを強行するとはその他の登場人物はボンクラ揃いってわけね。中途半端だし、説教臭いし、退屈だったわ。

    4
  • 匿名さん 通報

    >ドロッドロの人間関係を抱えているのに、やけに爽やかな卒業アルバム風のエンディング映像も皮肉が効いている。  あれ、楽しそうで凄いギャップが!

    4
  • 匿名さん 通報

    ドラマとしては面白いと。ちとかげきだけど。主役がジャニタレでないだけでもありがたい

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース