review

森見登美彦『熱帯』にあの謎ルールが影響するかどうか…第160回直木賞を書評家・杉江松恋がズバリ予想

第160回の予想、芥川賞に続き、直木賞もお届けする。候補の五作は、作者五十音順で以下の通り。
今村翔吾『童の神』(角川春樹事務所)
垣根涼介『信長の原理』(KADOKAWA)
真藤順丈『宝島』(KADOKAWA)
深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)
それぞれの作品について簡単にレビューした後に、私の予想を書いてみたい。すでにあちこちで予想は行われていると思うが、もののついでにご覧ください。

芥川賞予想はこちら

今村翔吾『童の神』(角川春樹事務所)


森見登美彦『熱帯』にあの謎ルールが影響するかどうか…第160回直木賞を書評家・杉江松恋がズバリ予想

今村翔吾は文庫オリジナルの長篇が最初の著作になった作家だ。2017年刊行の『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』がそれで、破天荒な火消しの一家を主役にした同作は話題になり、現在まで続く人気シリーズに成長した。その今村が、すでに著作のある職業作家として活動し続けるかたわら第10回角川春樹小説賞に応募して見事に栄冠を勝ち取ったのが本作『童の神』だ。著者にとって初の単行本著書というだけではなく、本気の勝負作なのである。もちろん直木賞候補になるのも初めてだ。
江戸時代の話だった過去作と異なり、本書は平安の御世に時代が設定されている。中央の政府による統治は、都の住人だけを市民権として認め、後は「まつらわぬ者」として徹底的に差別、弾圧することで秩序を維持しようとするものだった。実際に起きた政変、969年の安和の変が物語の出発点になっている。左大臣源高明が藤原氏によって失脚させられたものだが、作者はこれを「まつろわぬ者」と京人が手を取りあおうとする融和派が、弾圧派によって滅ぼされた民族戦争として位置付けるのだ。このときに壊滅的な被害を受けた者たちの末裔が本書の主役である。異人(おそらく白人)の母から生まれ、他とは異なる風貌を持つ青年、桜曉丸が散り散りになった人々の間を歩き、その代弁者となっていく。

あわせて読みたい

  • 今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

    今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

  • 何の得にもならない「チア男子!!」

    何の得にもならない「チア男子!!」

  • 人生を想像するアニメ!「チア男子!!」

    人生を想像するアニメ!「チア男子!!」

  • 出世レース敗北リーマン家庭の縮図か

    出世レース敗北リーマン家庭の縮図か

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年1月16日のレビュー記事
    「森見登美彦『熱帯』にあの謎ルールが影響するかどうか…第160回直木賞を書評家・杉江松恋がズバリ予想」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      7ページ目、『ベルリンは晴れているか」が「パリは晴れているか」になってます。

      0
    • 匿名さん 通報

      1ページ目も「パリは晴れているか」になってますね。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース