review

「みかづき」一枝(壇蜜)は吾郎(高橋一生)になんと囁いたのか、ふたりの仲は本当はどうだったのか3話

「みかづき」一枝(壇蜜)は吾郎(高橋一生)になんと囁いたのか、ふたりの仲は本当はどうだったのか3話
土曜ドラマ『みかづき』(公式)、NHK総合2019年2月16日(土)よる9時から第4回「懐かし我が家」放送。
第3話も良かった。
吾郎(高橋一生)と一枝(壇蜜)。
夜の道、ふたりきり。
「田舎に帰るわ」「田舎ってどこ?」「聞いて……どうするの?」
最後に、一枝が吾郎の耳元で何かをささやく。

何をささやいたのか。
「無粋なことを聞くんじゃないよ」と吾郎は教えてくれない。
視聴者にも教えてもらえず。
口の動きから推測すると「好き」なのかなー。
ありえないが、希望としては「破廉恥」とささやいていてほしい。

吾郎は気づかない


古書店の一枝(壇蜜)からスホムリンスキーの本を紹介というか押し付けるようにして読まされる吾郎(高橋一生)。
さらに編集者を紹介され、吾郎は、スホムリンスキーの本を書く。
これがベストセラーに。
千明(永作博美)は、もちろんそれを喜ぶ(塾の宣伝にもなるし)が、一枝の影を感じて複雑な心境。
というか、露骨に屈折した感情を顔にあらわすが吾郎は気づかない。
という構図も、1話から二人の性格の対比がしっかりと描かれていて、腑に落ちながら、かつドキドキしながら観るハメに。

ドラマ版では、吾郎と一枝の関係は、いい感じのプラトニックなラブのように描かれている。
だが、しかし、騙されてはいけない。
ドラマ版「みかづき」は、吾郎本人が書いた物語を、孫の一郎が読んでいるという設定だ。

しかも、吾郎は一郎に「書かれてることがすべてじゃない。そこからこぼれてしまったこともいっぱいある」なんてことを言う。

あわせて読みたい

  • 高橋一生「みかづき」コミカル演出是非

    高橋一生「みかづき」コミカル演出是非

  • 今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

    今年最高に心震えた森絵都『みかづき』

  • 「僕キセ」は共生のための変化のドラマ

    「僕キセ」は共生のための変化のドラマ

  • 「プリンセスメゾン」最高の高橋一生だ

    「プリンセスメゾン」最高の高橋一生だ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年2月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース