smadan

有村藍里さんから笑顔を奪った人たちの心こそ手術すべきだと思う

有村藍里さんから笑顔を奪った人たちの心こそ手術すべきだと思う
画像は本文と関係ありません

タレントの有村藍里さんが骨から輪郭を整える輪郭矯正の美容整形手術を受けたことを2019年3月3日に自身のブログで報告し、同日にはその様子が「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)で放送され、大きな話題になりました。

美容整形手術に対する偏見がいまだに根強い社会であるにもかかわらず、現役のタレントさんが手術を受けたことを公言することは非常に珍しいこともあり、多くの人が関心を寄せたようです。番組放送後のインターネットやメディアの反応では、「可愛くなった!」「笑顔が素敵」「本当の有村藍里を取り戻した」という称賛の声が並んでいました。

ですが、それに対して、私はとても気持ち悪く感じてしまいました。別に美容整形手術に関しては、肯定も否定もするつもりはありません。ですが、通常の手術と同様に、手術を受けて成功した人が「良かったね」で済まして良い問題なのでしょうか?


美容外科は殴られた心を手術するという側面もある


まず、世間では有村藍里さん自身にスポットが当たっていますが、この番組は執刀した美容外科医でRegno Clinic SBC 銀座院の院長である山口憲昭医師にスポットが当てられており、彼が「自分の見た目に悩む人たちの最後の砦」として活躍する姿に密着した内容となっていました。

山口医師は、「美容外科医=お金儲けのためにしている」という周囲の偏見に対して、「お医者さんの根源は困っている人を助けるという大前提の部分でいうと僕は今めっちゃ医者やってるなって思うんですよね」と述べており、活躍する個人に密着するドキュメンタリー番組としては特に悪いものではなかったように思います。

有村さんが自分の顔について過度に悩むという不健康な状態に陥ってしまったのは、細菌やウイルスが原因ではなく、心もとない「人間の悪意」が原因です。悪意ある人に顔面を殴られて大けがを負えば外科手術を受けることになりますが、それと同様に悪意ある人に顔に関する誹謗中傷を受けたことで大きく傷ついた心をケアするための一つの方法として、美容外科手術が存在しているのだと思います。

有村さんの“病原”は誹謗中傷をした人間の悪意


問題は手術の是非ではなく、誹謗中傷する側です。有村さんは、有名女優として活躍する有村架純さんの姉とのことですが、それまでは姉妹関係を隠して芸能活動をしていたものの、3年ほど前に某スポーツ新聞によって無断で関係を暴露されてしまい、それ以降常に妹と比較され、顔に対する誹謗中傷が増え、心を痛めることが増えて行ったとのことです。

翌日4日の「めざましテレビ」(フジテレビ系)では、「“有村架純の姉”“口元が残念”そんなコンプレックスから解き放たれたようにも見える藍里さん」というナレーションとともに報道されていましたが、彼女の場合は悩み続けたコンプレックスから解放されたというよりも、「手術を受けることで誹謗中傷やそれにより植え付けられてしまった強迫観念から逃れた」という表現のほうが現実を正しく表していると思います。

つまり、今回の“病原”は誹謗中傷をした人間の悪意であり、そちらのほうが注目するべき社会問題だと思うのです。有村さんが美容外科手術を受けることで「病原」からの決別は図れたのかもしれませんが、本来大々的に手術(更生)を受けるべきは、むしろ彼女に対して誹謗中傷をした人なのではないでしょうか?

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2019年3月7日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。