smadan

「女性差別時代」に男性として生きるということ

「女性差別時代」に男性として生きるということ
画像はイメージ

元AKB48でタレントの大島麻衣さんが、タクシー運転手にタメ口で話をされて、Instagramに怒りの投稿をした件が、インターネット上で話題になっているようです。

タクシーの運転手がお客にタメ口で話してくるケースは男性(特に中高年の男性)ではめったに起こらないのに、女性(特に若い女性)では決して少なくないと言われており、被害者は大島さんだけではありません。ですから、これは決して運転手個人の問題ではなく、社会に根差す女性蔑視と女性差別の問題です。

ところが、大島さんの件についてネットの反応を見るに、大島さんを擁護する人々でも「運転手個人が酷かった」という近視眼的な見方しかされておらず、「大島麻衣さんが女性差別の被害に遭った」と正しく事実を認識できている人はほとんどいませんでした。

メディアでも「女性差別」としっかりと指摘した記事は、私の見た限り存在せず、中には「女性が潜在的に抱えるストレス」のように謎の表現を使用しているメディアもあり、女性差別という概念をまるで理解していない日本人が多いことを窺い知ることができます。

「女性差別」という言葉が使われないことの違和感が分からないという人も多いと思うのですが、たとえば虐待やイジメの被害を伝えるニュースで、状況は明らかに被害者が虐待orイジメを受けたと分かるのに、「虐待」や「イジメ」という言葉が全く使用されていなかったら、気持ち悪くないでしょうか?

もしくは「子供が潜在的に抱えるストレス 」「学校で潜在的に抱えるストレス 」のような表現がされていたら、気持ち悪くないでしょうか? 「いやいや、それ虐待orイジメでしょ」とツッコミたくなる人も多いと思うのですが、それが女性差別の問題では平然と起こっているほど、多くの人が「女性差別」という言葉を使えていないのです。


差別というシステム上の欠陥に気付いた人たち


その一方で、まだ少数派ではあるものの、「それは女性差別だ」と理解できるようになった人も、着実に増えていると思います。私が主宰する市民団体パリテコミュニティーズでは「#女性差別大賞2018」を実施し、朝日新聞(3月9日朝刊)の記事でも取り上げていただきましたが、とりわけ広告や組織の構造について、女性差別であることを正しく認識できる人が増えたからこそ、女性差別関連の炎上が増えているのだと思います。

「虐待」や「イジメ」や「ハラスメント」や「DV」のような言葉が広まったことで、これまでは個人の被害の問題とされていたことが、社会に存在する典型的な被害の問題として認識されるようになりましたが、「女性差別」もインターネット社会が到来してようやくそのファーストステップを歩み出したのかもしれません。そして2019年は、さらに多くの女性差別問題が浮上することでしょう。

実際、2019年が始まってまだ2ヶ月半しか経っていないのにもかかわらず、AKS、福岡地裁久留米支部、西武・そごう、ロフト、ピーチ・ジョン、カンコー学生服、熊本国際スポーツ大会推進事務局、トヨタ自動車、自衛隊滋賀地方協力本部、等身大おしり展示、「ヤレる女子大学生ランキング」、「肉布団」、「今田×東野のカリギュラ」、「パパのためのママ語翻訳コースター」等、数え切れないほどの女性差別の炎上が起こっています。


女性差別に対する幼稚なバックラッシュの声


それに対して、昨今は「何でもかんでも女性差別になるのはおかしい!」「女性差別ではないと思う!」というバックラッシュ的な声も相次いでいるように思います。ですが、彼ら彼女らの声を拾ってみると、「それで得をしている女性だってたくさんいるのだから女性差別ではない!」「私は女性差別に“感じなかった”から女性差別ではない!」という論拠が非常に多く見られました。

実際、気になってTwitterで「女性差別ではない」というリプライを飛ばして来た女性に聞いたところ、女性差別は「女性であることで自分の価値をマイナスにされること」と答えてくださいました。確かにそのような意味で利用している人も散見され、どうやら彼ら彼女らは、女性差別のことをハラスメントか何か別のものと混同していることが分かります。

ですが、国連の「女子差別撤廃条約」では、第一条で、「女子に対する差別」とは,性に基づく区別,排除又は制限であつて,政治的,経済的,社会的,文化的,市民的その他のいかなる分野においても,女子が男女の平等を基礎として人権及び基本的自由を認識し,享有し又は行使することを害し又は無効にする効果又は目的を有するものをいうと規定されています。

言わずもがな、女性差別か否かは、女性個人がどう思うかは関係ありません。このように、差別という概念を完全にはき違えている人が多く、それゆえ昨今の女性差別問題に関して、話が噛み合わない不毛な論争が生じるという状況が生まれるのだと思います。


#KuTooをヒール禁止と受け取る認知の歪み


「女性差別ではない」という謎の反対意見に晒されているムーブメントの一つに、昨今インターネット上で話題の「#KuToo」があります。これは、女性にだけヒールやパンプス等、足を痛めかねない靴が就業規則等により強制されることに対して、「おかしい」「男性が履いているような平坦な靴が履ける選択肢を女性にも」と声を上げる運動であり、グラビアアイドルでライターの石川優実さんが主導しています。

これに対して、AbemaTIMESの記事では、街の声で「ヒールじゃなかったらイヤ。見た目的にキレイ感がない」と答える女性のコメントが記載されていました。コメンテーターとして出演した鈴木涼美氏も、「女性がキレイでいることは(中略)、女性自身の普遍的な欲望でもある」と答えていますが、そう思う人は引き続き履いていれば良いだけで、#KuTooは彼女等からヒールを奪う運動ではありません。

この記事の中にも「ヒール容認派」という謎のワードが登場していますが、論点は「ヒール強制容認派VSヒール強制反対派」であり、完全に誤報です。また、漫画家の小池一夫氏は自身のTwitterで、「ぺったんこ靴だろーが、ハイヒールだろうが、好きな靴履けばいい」と、#KuTooと全く同じ主張をしているのに、それを「#kuTooの反撃」と表現しており、まさに#KuTooをヒール禁止派と誤解していることを露呈してしまっていました。

仮に#KuToo のムーブメントに反対したいのなら、(1)嫌がる人も含めて全女性にヒールを強制しなければならない正当な理由、(2)男性はヒールを免除されるのに女性は強制されるという性差別を許す正当な理由等を論理的に述べなければならないはずなのに、私の知る限り見たことありません。ヒール容認派とされた人々は、みんな脳内のヒール禁止派という妄想と勝手に戦っているわけです。議論の土俵にすら上がれていないので、話が噛み合うはずがありません。



なぜ、「選択しない」と「否定」の区別がつかないのか


#KuToo に限らず、制服スカートやメイクの強制問題にしても、選択的夫婦別姓問題にしても、主張はあくまで「強制やめよう」「選択させて」という内容に過ぎないのに、なぜ彼ら彼女らはそれらを禁止する主張と誤読・誤解してしまうのでしょうか?

また、「自分は大丈夫だから差別じゃない!」と説く人もたくさんいますが、差別か否かの話の時に「N=1」の感想文を語っても全く反論になっていないことが、何故分からないのでしょうか?

そして中には禁止論ではないことを説明しても、「あ、禁止論ではなく強制反対論なのか。だったら賛成!」と素直に認めず、「うーん、でもねぇ…」と、どこか歯がゆい表情を浮かべることがしばしば起こるのですが、それは何故でしょうか? なぜ他人に強制して相手の自己決定を奪うことに無頓着でいられるのでしょうか?

もしかすると、「選択しないこと」と「否定すること」の区別がついていないために、選択しないと宣言することが、自分が好きなものをまるで否定されたように感じてしまうのかもしれません。

その背景には、自他境界がハッキリ確立できていない「ムラ社会」的思考や強い同調圧力が日本の社会に今も根強く残っているため、「あなたの好きなものとは別のものを選択したい」と言われることに、強い不安を覚えるのではないかと思うのです。

先ほど「女性差別ではない」と主張する人たちはハラスメントか何かと混同しているのではないかと指摘しましたが、自分が不快ではないのなら「あなたは不快に感じるのね」で済ませて良いはずです。それにもかかわらず、わざわざ「私は不快ではない!」と言って他者の感情を否定しにかかるのも、そこに「ムラ社会」的思考や強い同調圧力があり、不安を感じているからでしょう。

なお、以前の記事「クソリプ学入門 〜ネットにたくさんいる『悪意メガネ』をかけた人たち〜」で詳しく言及しましたが、このような一種のフェミニズムムーブメントに対して潜在的な悪意を抱いているからこそ、事実を正しく認知できず、勝手に禁止論だと誤認したという側面もあると思われます。


あわせて読みたい

  • フェミニズムになぜ男性は反発?

    フェミニズムになぜ男性は反発?

  • 女性差別 順天堂大学の酷い"言い訳"

    女性差別 順天堂大学の酷い"言い訳"

  • 東京医科大学 背景に男性の子育て問題

    東京医科大学 背景に男性の子育て問題

  • ネットで進む「自己肯定感」格差社会

    ネットで進む「自己肯定感」格差社会

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年3月18日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    勝部元気のウェブ時評

    勝部元気のウェブ時評

    コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース