smadan

東京入管に聞いた「落書きは止めましょう」ツイートを削除しない理由

東京入管に聞いた「落書きは止めましょう」ツイートを削除しない理由
東京入国管理局による当該ツイートのキャプチャ

東京入国管理局のTwitterアカウントが「落書きは止めましょう」と呼びかけるツイートを投稿したところ、批判が殺到する事態となった。同局が公開した落書きとは、「FREE REFUGEES(難民を解放せよ)」という内容のものだった。

「入管は落書きよりも酷いことをしている」と批判の声


東京入国管理局のTwitterアカウントは11月20日、「~落書きは止めましょう~11月19日早朝,港南大橋歩道上にて。表現の自由は重要ですが,公共物です。少しひどくはないですか。。。」というツイートを投稿。「FREE REFUGEES」と落書きされた道路や壁などの写真を公開した。



自殺者が出るなど、かねてより国内の入管施設は被収容者に対して人道に配慮した処遇を与えることができていないのではないかと問題視されている。「FREE REFUGEES」という落書きも、そういった問題意識をもってされた抗議活動だろう。だからこそ、東京入国管理局が書かれた内容には一切触れず、単なる落書きとして「少しひどくはないですか。。」と発信したことに違和感を覚えた人々が多かったらしい。

当該ツイートに対して、Twitter上では、「入管は落書きよりも酷いことをしている」「なぜこのようなメッセージが書かれるか、考えてみては?」「自分たちに瑕疵はないのか考えるべきではないか」といった批判が寄せられている。また、亀石倫子弁護士は、「~人権侵害は止めましょう~入管の人権侵害は『少しひどい』どころではなくないですか。。。」と批判している。




一方、「公共物への落書きがいけないのは当然」と東京入国管理局を擁護する声もあり、同局の当該ツイートには、11月22日現在、1900件を超えるリプライが寄せられている。これだけの騒動は同局も把握しているところだろうが、当該ツイートは削除されるどころか、むしろ目立つように全ツイートの一番上の位置に固定されている。

担当者は「原因が他に飛び火している」と反論


ツイートの意図を聞くため東京入国管理局に問い合わせたところ、「落書きの内容は別として、他人に迷惑をかける行為は止めてほしいと伝えたかった」という答えが返ってきた。

「入管行政へのご意見は批判的な内容も尊重すべきものと考えていますし、表現の自由が重要であることも理解しています。しかし、入管以外のところに迷惑をかける方法をとることには疑問を感じています。たとえば入管の近くのお家の塀に入管に向けた落書きがされたとしたら、私たちは施設の人間として大変申し訳ない気持ちになるでしょう。公共物にも管理者がいて、落書きを消すためには管理者が税金を使って業者に依頼しなければいけません。落書きの原因が私たちということはわかっていますが、原因が他のところに飛び火してしまっています。よそに迷惑をかけるような方法は、くれぐれも謹んでいただきたいです」

当該ツイートを削除せず固定ツイートにしている理由も「近隣に迷惑をかけることは止めてほしい」という強い思いからだそう。それでは、東京入国管理局に意見を伝えたい場合は、どのような方法をとることが推奨されているのだろうか?

「とくにオフィシャルの方法を何か定めているわけではありませんが、公式サイトなどに掲載している連絡先から『この日に来ます』というのを事前に伝えていただければ、しかるべき担当者につなげることはしています。実際、そのようにしてご意見を伝えに来る方々はいらっしゃいます」

(原田イチボ@HEW)

あわせて読みたい

  • "児童館は保育所ではない"熊田曜子騒動に

    "児童館は保育所ではない"熊田曜子騒動に

  • 謎の車「シーチキン号」誕生の経緯

    謎の車「シーチキン号」誕生の経緯

  • ハロウィン痴漢被害は自己責任か

    ハロウィン痴漢被害は自己責任か

  • 松本人志「死んだら負け」発言に批判

    松本人志「死んだら負け」発言に批判

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年11月22日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース