smadan

妻に子育てを休ませてあげる夫は、本当に「素敵な旦那様」ですか?

妻に子育てを休ませてあげる夫は、本当に「素敵な旦那様」ですか?


一児の母で共働きをしているという、とあるTwitterユーザーのツイートが、インターネット上で大きく拡散されています。彼女は以下のような夫とのLINEのやり取りをスクリーンショットに撮って投稿し、これが大きな称賛を呼んでいるようです。

夫「1人の時間があるとしたら今一番何がしたい??」
妻「美容室行きたいのとカフェでのんびりしたいかな~後はジムで体動かしたい(笑)」
夫「急ですが明日から3日間有給取りましたので○○ちゃんにお休みをプレゼント!」
夫「急で申し訳ないけど明日か明後日どっちか美容室予約取れたら行ってきて!今確認出来るかな?」
妻「え!ありがとう!明日の10:30なら行けそう」
夫「即予約!!!!!!!!!!」
妻「返事早い(笑)予約出来ました」
夫「1日目→美容室&ショッピング 髪型に似合う服も購入すべし その後カフェに行くも可
  2日目→ジムに行くもよし、二度寝&昼寝するもよし
  家だとゆっくり出来ないなら何処か行くもよしのフリータイム
  3日目→さすがに俺も寂しいので三人で山梨イチゴ狩りデート決行 インフル対策はしっかりすべし」
夫「育児ボーナス6万円支給します!
  この3日間、家の掃除や料理をするごとに千円の罰金!!」

この手の「素敵な旦那様」系ツイートはしばしば反響を呼ぶのですが、今回は53万を超えるほど大変大きな反響となっています。また、リプライや引用リツイートでも「素敵な旦那様」という称賛は当然のこと、以下のように「神」と評価するコメントが本当にたくさんついていました。

「もう全てが神としか言えない」
「神様はいるんですね!」
「神旦那さんですね」
「なんですかこの人神様ですか」
「育児ボーナス6万とか(中略)神すぎる」
「何という神ですか」
「なんて神なご主人」
「神さまと結婚したんだね」

夫は決して「神」ではなく単なる「対等な人間」だ


さて、あなたはこのLINEの会話とこれらのリプライに何かモヤモヤを感じたでしょうか? もちろん文章の投稿主を批判するわけではないですが、感動ストーリーとして扱われたこの会話とこれらのリプライには、日本のパートナーシップに潜む「心理的幼稚性」と「女性差別・蔑視」の問題がふんだんに詰まっていると思いました。

まず、夫の態度が妻に対して上から目線で、支配的な態度の持ち主でなければ使わない表現が、以下のようにいくつもあります。

「お休みをプレゼント(≒休暇の決裁権限者は自分?)」
「カフェに行くも可or○○するもよし(≒許可を与えるのは自分?)」
「〇〇すべし(≒命令権限があるのは自分?)」
「罰金!!(≒公安のように罰を課すのは自分?)」
「育児ボーナス6万円支給します(≒命令を聞いたご褒美を与えるのは自分?)」

パートナーは人として対等であることが基本と思っている人たちからすれば、夫のこれらの発言に対して、呆れて言葉を失ったり、顔が引きつったり、「お前は何様だよ!」と怒るのが通常の反応でしょう。

「何様って神様でしょ」と感じた人もいるのかもしれないですが、夫は神ではありません。本当は単なる対等な人間のはずです。それを「神」という人間よりも絶対的上位に位置する概念として捉えてしまうあたり、この国の女性蔑視や奴隷マインドが女性の間にもどれほど深く根付いているか、如実に分かる反応だったと思います。

女性を主語にすると分かる支配の怖さ


いまいち何が言いたいのかピンと来ない人は、主語の男女を逆転させれば分かりやすいと思います。夫に対して、「○○するのもよし」「○○すべし」「罰金!!」「(命令を守ったら)〇円支給します」という発言をする妻がいたらどう感じるでしょうか? おそらく、「怖い…」「偉そうだ!」「何様だこの女?」「鬼嫁」「かかあ天下で夫は尻に敷かれているw」と感じる人も多いことでしょう。

なぜそう感じるのかと言えば、これらは決して「対等な人間に対する優しさ」ではなく、上から目線で相手に厚遇を与える態度「ポトラッチ」だからです。ポトラッチは「支配者が被支配者との関係を強固にするために富を積極的に分配する行為」のことで、北太平洋沿岸のアメリカ先住民の古い儀礼が語源です。

そして、支配的態度で女性を甘やかすことを「慈悲的性差別(benevolent sexism)」と言います。甘やかすことは相手の自立を削ぐ行為であり、それは性差別に他なりません。彼等は決して「優しい対等なパートナー」ではなく、「優しい支配者」なのです。ですから、たとえ自分にとって利益があることでも、所詮は支配者による支配的態度なのだから、「怖い」「偉そう」「何様だ?」と感じるのが当然なわけです。


人々は男性の支配性に無自覚になり過ぎている


でもなぜ、女性が言えば違和感を覚えるセリフが、男性が言うと違和感を覚えなくなってしまうのでしょうか? それは、前回の記事でも指摘したように、男性は「Toxic Masculinity(=権力・支配・暴力を志向する有毒な男らしさ)」を有するのが当たり前だという考えが、人々の間に当たり前に染み込み過ぎて、その加害性や権力優位性が見えなくなってしまっているからです。

主語を女性にすることでハッキリと知覚出来たはずのポトラッチや慈悲的性差別に対する「怖い」「偉そう」「何様!?」という正常な感情が、「Toxic Masculinity」の偏見によって一切発動しなくなり、その結果「与える」という行為だけに目が行き、称賛を送ってしまうわけです。

そして言わずもがな、女性が言えば批判的に捉えられるのに、男性が言うと「素敵」「神」と称賛するという男女の非対称的な態度は、紛れもない性差別です。このツイートを称賛した人々は何気なく褒めたのかもしれないですが、このような男性の支配性や非対称な優位性を肯定する発言が、この国の女性差別を延々と強化し続けているのだと思います。

あわせて読みたい

  • NGT48山口真帆事件が起きたた背景

    NGT48山口真帆事件が起きたた背景

  • 広河隆一氏の性暴力問題にある背景

    広河隆一氏の性暴力問題にある背景

  • 男女格差解消 日本は238年後?

    男女格差解消 日本は238年後?

  • 女性差別 順天堂大学の酷い"言い訳"

    女性差別 順天堂大学の酷い"言い訳"

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年1月23日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    勝部元気のウェブ時評

    勝部元気のウェブ時評

    コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース