smadan

バレンタインデーや恵方巻きという「ハレノミクス」が格差社会を助長している

バレンタインデーや恵方巻きという「ハレノミクス」が格差社会を助長している

ロフトが1月20日から展開しているバレンタインデー企画が、表面上は仲良いのに裏ではいがみ合っている女性5人組のイラストを使用し、インターネット上で大きく炎上しました。合わせて公開された動画でも、足を引っ張り合う希薄な友人関係を揶揄しているように描かれており、「女の子って楽しい!」「…てかやっぱ女子だけって落ち着く~」というフレーズとは真逆の内容になっています。

仮にそのような関係が誰かにとってはあるあるネタだとしても、それを「女の子」や「女子」と大きな主語でまとめた点がアウトでした。これにより、「面従腹背」が女性の友情の典型例であるという女性蔑視的な偏見や嘲笑と受ける人が出るのも当然です。男性の5人組キャラに入れ替えて、男の友情を揶揄する表現にしてみれば、それがいかに不愉快なものか、分かる男性もいるはずでしょう。

しかも、このイラストはギフト用の袋にも使われているとのこと。多くの女性はバレンタインデーのチョコレートを仲が良い友達等に渡すわけですから、「いがみ合っている絵なんて渡せるはずないよ!」という人も多いはず。もらったほうも、「え?何?本当は私のこと嫌いって意味?」と疑心暗鬼になることも十分考えられるはずです。ロフトはチョコを売る気があったのでしょうか?正気を疑います。


裏では仲が悪いのは女子友ではなく日本の職場では


そもそも、「面従腹背」の関係は女性の友人間よりも、職場の中にこそ蔓延しているという人も多いのではないでしょうか? 職場の上司や先輩の前では一応波風立てないように振る舞っていても、裏では恨みつらみを家族や友人に漏らしている人は、男女関係無くこの国にごまんといるはずです。

そして今年も2月14日は残念ながら平日なので、勤務先で「義理チョコ」ならぬ「義務チョコ」をあげなくてはならないということに辟易している女性も多いと思います。チョコをもらう男性の側も、仲が良いわけでもない人からもらう心理的負担や、お返しの負担のほうがもらえる嬉しさを上回っているという人もかなり多いのではないでしょうか? 

実際、日本法規情報が「バレンタインデーに関する実態調査」の結果を発表し、職場でのバレンタインデーを社内規程で禁止することについて聞いたところ、「良いと思う」と回答した人が69%に及んだそうです。バレンタインはもはや「因習(=弊害を生んでいる古くから伝わるしきたり)」になったと見なすのが良いのかもしれません。


恵方巻きを見て思う「日本の消費者は賢い」の嘘


反対に、新しい風習が物議を醸し出す場合があります。その代表格が、食品ロス問題が毎年のように続いている恵方巻きです。もちろん工夫をして廃棄を少なくしようとする小売店もあるようですが、結局のところ今年も大半の売れ残りが廃棄されてしまっているようです。

なぜ毎年ニュース等で問題だと取り上げられながらもずっと廃棄が続くのか、不思議に思う人もいるかと思います。もちろんおせち等に比べて予約する人が少ないこともですが、一番の原因は、かなり強気の価格設定をしても(=消費者にとってはかなりコスパが悪くても)、消費者が平気で衝動買いをしてくれるため、廃棄するコストよりも売上を逃すロスのほうが大きいという構造があるからでしょう。

つまり、消費者が「コスパが悪いから買うのをやめる」「どうしても欲しい場合は自分で作る」という賢い選択をしないからです。「日本の消費者は賢い」と自画自賛する人は少なくないですが、少なくとも原価率の低い恵方巻きに踊らされているケースを見れば、決して賢いとは思えません。特定のお店に行列が出来ることに関しても、「時間はコスト」を認識できていない人がたくさんいるがゆえに起こる現象ですが、このような「皆がしていること」に関して、日本の消費者は思考停止になる傾向があるように思います。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2019年2月8日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。