smadan

子連れ出勤を体験して分かった、ブラックボックス化した日本の子育て

子連れ出勤を体験して分かった、ブラックボックス化した日本の子育て
画像はイメージ

宮腰光寛・少子化担当大臣が推進すると表明して最近話題になっている「子連れ出勤」を、先日体験する機会がありました。正確な子連れ出勤とはやや異なるのですが、体験をしてみて改めて感じたことは、この現代日本社会で子連れ出勤をするのはほぼ「無理ゲー」だということです。


子連れ出勤を体験して分かったその無理っぷり


まず、通勤では、満員電車の中で子供たちが「狭いよ」「痛いよ」と窮状を訴えます。こちらはなるべく接触しないように手でガードを作るものの、電車の揺れの前ではほぼ無意味。周りは気を配ってぶつからないようにするどころか、そこにまるで子供がいないかのように平気で押して来るし、「うぜぇ」「何で子供を連れてんだよ」という雰囲気全開です。

おそらく私が男性かつ茶髪だったからトラブルは無くやり過ごせたものの、これが女性であれば、「コイツは自分より下だ」と思い込んだロクでもない人たちからバッシングや嫌がらせを受ける確率も高いことでしょう。実際に、そういう声はたくさん耳にします。

次に、勤務中も地獄です。PCを触ろうものなら、好奇心旺盛な子は「自分もお仕事する!」と寄って来ます。まるで保育園にデスクがあるようです。イメージが湧かない人は動物園の猿山にデスクがあると思えば良いと思います。関心事が他に移っても、子供が触ると危険なものもあるので、目を離すわけにもいきません。色々と散らかすので、掃除にかなりの時間を取られます。

そのような環境では集中できるはずもなく、まともに稼働できた時間は1日でわずか30分のみ。「無理だ!今日の私の仕事は保育だ!」と仕事は諦めざるを得ませんでした。仮に自分に子供の監督業務の無い場合でも、私は過集中型・聴覚過敏のASDゆえにカフェでの仕事すらも苦手なタイプなので、他の人に子連れ出勤をされるとかなり厳しいと思います。


全社的な子連れ出勤はモーハウスだからできる


宮腰大臣は授乳服メーカーの「モーハウス」を視察して、子連れ出勤推進を決心したそうですが、モーハウスの特殊性を理解していないと思います。

(1)モーハウスは子連れ出勤の代名詞のような会社として昔から有名なので、子供が泣き出すと労働生産性が著しく低下しまうタイプの人材はそもそも入社していない可能性が高く、利害調整や彼等に対するサポートがさほど大掛かりなものではなくとも問題が無い可能性が高い。子供がいると著しく生産性が落ちる人とさほど落ちない人の両方がいるのが通常の職場であり、生産性低下を防止するには空間をセパレートする等の対策が必要だが、セパレートしてもスムーズに業務をこなせるのは、仕事の属人性が低い大規模な職場のみ。

(2)大臣が視察したモーハウス本社の所在地は茨城県つくば市にあり、労働人口や雇用が集中する大都市圏における通勤地獄の洗礼を受けずに出社することが容易である可能性が高い。電車が比較的空いている始発に出社し、遅くとも17時には家に着くというスケジュールであれば大都市圏でも通勤地獄を回避できるかもしれないが、そのようなスタンダードから外れた生活リズムに同居している他の家族や職場が合わせられるとは限らない。

(3)子連れ出勤とそれに対応した物の配置により労働生産性低下が生じても、モーハウスは顧客ターゲット層が授乳中の母親なので、モニター代が節約できるという目に見える経費削減効果がある可能性が高い。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2019年2月1日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。