review

「シャザム!」「もしも子供が外見と能力だけ超人になったら?」スーパーヒーロー映画でファミリー映画

DCコミックス系映画の新作、『シャザム!』。スーパーヒーロー映画でありながら、「中身が子供のヒーロー」というギミックをフルに活かしたファミリー映画でもあるという、なかなかの野心作である。
「シャザム!」「もしも子供が外見と能力だけ超人になったら?」スーパーヒーロー映画でファミリー映画

シャザムなの? キャプテン・マーベルなの? 紆余曲折があった歴史あるヒーロー


『シャザム!』の原作となったのは、DCコミックスの同名スーパーヒーローである。しかしこの人、もともとはDCのヒーローではなかった。シャザムの元となったのは、1940年2月に発売されたフォーセット・コミックス社の『ウィズコミックス』#2である。で、当初この人は「キャプテン・マーベル」という名前だったのだ。最近ブリー・ラーソン主演で映画になった、マーベル・コミックスのヒーローと同じ名義である。

ただこのキャプテン・マーベル、見た目と能力がスーパーマンに似すぎているということでDCコミックスから訴えられ、1950年代には一旦廃刊となっている。その後DCがキャプテン・マーベルの版権を取得したものの、その時にはマーベルが同名ヒーローのコミックをすでに出版していたため、苦し紛れにコミックのタイトルを『Shazam!』に変更。2011年からのリニューアルではヒーローとしての名前もシャザムに更新された……という経緯がある。

歴史あるヒーローだけにちょっと紆余曲折があったキャプテン・マーベルことシャザム。今回の映画化によってDCの映画シリーズに加わることになった。このシャザムというキャラの面白さは、「もしも子供がいきなり外見と能力だけ超人になったら……?」というもの。ほぼ無限の耐久力と飛行能力、さらに怪力や電撃を放つ能力や高速移動能力など諸々を持つというDCコミックス屈指の強キャラながら、中身が14歳の子供というギャップがフックになっているヒーローである。映画でも、そのあたりの設定はそのまま踏襲されている。

あわせて読みたい

  • 「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

    「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

  • ジャスティス・リーグ 評価割れる

    ジャスティス・リーグ 評価割れる

  • マン・オブ・スティールはアナ雪である

    マン・オブ・スティールはアナ雪である

  • 雷様「マイティ・ソーバトルロイヤル」

    雷様「マイティ・ソーバトルロイヤル」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年4月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「DCコミックス」のニュース

    次に読みたい関連記事「DCコミックス」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース