review

高畑勲監督「じゃりン子チエ」は大阪下町版「世界名作劇場」1話から3話まで無料公開中で「ルパン」超え

「ウチは日本一不幸な少女や」

YouTubeのTMS(トムス・エンタテインメント)アニメ55周年公式チャンネルにて、アニメ「じゃりン子チエ」の1話から3話までの公開が5月10日より始まった。1話の視聴回数はすでに47万回を突破。先に公開された「ルパン三世」や「あしたのジョー2」などよりも視聴回数が多いのは特筆に値する。それだけ待ち望まれていた作品なのだ。

はるき悦己による原作は、単行本が3000万部を超える大ヒット作。休刊の危機が囁かれていた『漫画アクション』を救う“神風”とも言われた。ちなみに次の“神風”は7000万部超の『クレヨンしんちゃん』。発行元の双葉社の漫画賞の名前は「カミカゼ賞」と名付けられた。
高畑勲監督「じゃりン子チエ」は大阪下町版「世界名作劇場」1話から3話まで無料公開中で「ルパン」超え
『じゃりン子チエ 新訂版1 』はるき悦巳/双葉社アクションコミックス)

アニメが放送されたのは1981年から1983年にかけて。その前に吉本興業のオールスターを声優として起用した映画版が公開されている(81年4月)。監督(チーフディレクター)は「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」などで知られる巨匠・高畑勲。映画版には朝ドラ「なつぞら」のモデルとされるアニメーターの奥山玲子がメインの原画スタッフとして参加していた。
高畑勲監督「じゃりン子チエ」は大阪下町版「世界名作劇場」1話から3話まで無料公開中で「ルパン」超え
『TV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX 』[DVD] 高畑勲監督/キングレコード

大阪の下町が舞台とあって関西地方では絶大な人気を誇り、最高視聴率は29.1%を記録。その後も関西ではしょっちゅう再放送されていたので、なじみの深いファンも多いはずだ。
高畑勲監督「じゃりン子チエ」は大阪下町版「世界名作劇場」1話から3話まで無料公開中で「ルパン」超え
『じゃりン子チエ 劇場版 』[Blu-ray]高畑勲監督/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

タレント吹き替えの最高峰、西川のりおのテツ


舞台は、電車のガードの近くに木造の商店が雑然とひしめきあっている大阪の下町(劇中に登場する「西萩」という地名はかつて大阪市西成区に実在したらしい)。

あわせて読みたい

  • 「かぐや姫の物語」高畑勲が伝えたこと

    「かぐや姫の物語」高畑勲が伝えたこと

  • 追悼「火垂るの墓」改めて高畑勲は凄い

    追悼「火垂るの墓」改めて高畑勲は凄い

  • 左の高畑勲だから描けた「ぽんぽこ」

    左の高畑勲だから描けた「ぽんぽこ」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース