review

「どうか名古屋が見つかりませんように」と地元作家が思わず願う「ブルータス」の名古屋特集

マガジンハウスのカルチャー誌「ブルータス」2019年7月1日号(6月15日発売)は、「名古屋の正解」と題して、食や遊びのスポットなどさまざまな切り口から名古屋を案内している。
「どうか名古屋が見つかりませんように」と地元作家が思わず願う「ブルータス」の名古屋特集
昨年の「福岡の正解」「札幌の正解」に続く「ブルータス」の街特集の第3弾

これは、「福岡の正解」(2018年7月15日号)、「札幌の正解」(2018年11月15日号)に続く地方都市特集の第3弾(いずれも電子版あり。ただし「福岡の正解」の販売は7月1日までなので急ぐべし)。愛知在住の筆者としては、いずれ名古屋もきっととりあげられるのだろうが、どうせ大阪か京都か神戸か、あるいは仙台か広島か金沢か、まあとにかくほかの街を何ヵ所かやったあとだろうと思い込んでいたので(どの街の特集も読みたい!)、こんなに早く正解が来るとは意表を突かれた。

既刊の福岡、札幌特集とくらべてみたら……


既刊の福岡、札幌の「正解」とくらべるのも面白い。たとえば各特集にはそれぞれの街の美女を紹介するページがあるが、福岡のそれが「カフェの正解──白昼、カフェに美女あらわる。」、札幌が「デートの正解──札幌美女と一緒に。」だったのに対し、名古屋は「名古屋“けった”美女図鑑。」と題して、街角で見かけた“けった”(自転車)に乗った女性たちをスナップで紹介している。《坂道が少なく道が広い名古屋は自転車(けった)の街》ということでの企画らしいが、えっらい変化球だがね。

ついでにいえば、福岡、札幌いずれの特集にも、「福岡人」や「札幌人」について解説したページはなかったが、今回は「名古屋人の正解──名古屋という名の小宇宙」と題して、地元在住の作家で、名古屋を舞台にした作品も多い吉川トリコが寄稿している。せっかくの特集なのに、最後の最後で《まだ発見されていない町、だけどそろそろ発見されつつある町。今特集でどうか名古屋が見つかりませんようにと願うばかりである》とまとめられているあたり、名古屋人の自虐性、めんどくささがうかがえよう。ほかの地域にお住いの方々にも、ぜひ心してご一読いただきたい。

あわせて読みたい

  • 嫁の実家は車と家具を用意し、旦那の実家は土地と家を用意する『名古屋あるある』

    嫁の実家は車と家具を用意し、旦那の実家は土地と家を用意する『名古屋あるある』

  • 名古屋発、羊の皮をかぶったテレビ局「メ~テレ」50周年本のやりたい放題

    名古屋発、羊の皮をかぶったテレビ局「メ~テレ」50周年本のやりたい放題

  • 「名古屋」だにゃあて「愛知」がすごかった~年末スペシャル■2010年ベスト10

    「名古屋」だにゃあて「愛知」がすごかった~年末スペシャル■2010年ベスト10

  • 踊り狂う5万人の荻野目洋子。美濃加茂のダンシング・ヒーロー盆踊りを見てきた

    踊り狂う5万人の荻野目洋子。美濃加茂のダンシング・ヒーロー盆踊りを見てきた

  • レビューの記事をもっと見る 2019年6月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース