review

「トイ・ストーリー4」は踏み絵のようなシリーズ最新作。お前がオモチャ映画に求めているものはなんだ?

公開以来、『トイ・ストーリー4』の評価が割れまくっている。おれはアリだと思ったけれど、ダメだったという人の気持ちもわかる。ある種の踏み絵のような映画だ。

蛇足か? 正当な続編か? ウッディたちのその後はいかに


まず、前作『トイ・ストーリー3』は、事実上の最終回としてとてもよくできた映画だったというのは明記しておきたい。幼少期は終わり、アンディは大学に行かなくてはならない。のんびり子供と遊んでいたオモチャたちも、いずれは不要になる時がやってくる……。そうなったらオモチャはゴミになってしまうのか、それとも他に生きる道があるのか。この点について、「別の子供に譲られて、ウッディやバズやその他のオモチャたちは楽しく遊ばれ続ける」という形で、これ以上ない軟着陸をして見せた映画である。

そんなものすごく綺麗に着地が決まった『3』の後に、『4』が作られるという。この『トイ・ストーリー』をめぐるディズニーの所業については、インターネットを戦場に公開前から紛争の様相を呈していた。おれは「まあ、そこまでひどいことにはならないでしょ……」と呑気に構えていたが、一抹の不安があったのも事実である。なんせあの『3』の後の話である。「オモチャたちは新しい持ち主のボニーのところで幸せに暮らしました。めでたしめでたし」という結論が出ちゃっているのだ。蛇足じゃないかと不安になっても仕方がないと思う。

というわけで、『4』はボニーの家にもらわれていったアンディのオモチャたちは、果たしてどうなっちゃったのか……というところから話がスタートする。当初はもらったオモチャで景気良く遊んでいたボニーも、いつしかウッディに飽きてしまい、最近彼はクローゼットの中に放置され気味。そんな中でボニーは学校入学の前の体験教室にいき、先割れスプーンのゴミを使った自作のオモチャ「フォーキー」を作って帰ってくる。ボニーはフォーキーを気に入っているものの、自分がオモチャであるという自覚がゼロなフォーキーはすぐゴミ箱に飛び込みたがる。フォーキーをなんとかしてボニーとうまく遊ばせるべく、ウッディは奔走する。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク