これぞ神宮劇場。微笑ましきヤクルト劇団。
とても温かく、素晴らしい空間だった。

7月11日に行われたヤクルト球団設立50周記念イベント、OBによるスペシャルマッチ「Swallows DREAM GAME」での出来事。興行的な要素が強かったためにスポーツニュースでは扱わなかった番組もあったが、スポーツ新聞各紙はかなり重厚な記事を展開。「代打・野村克也」の場面を捉えた写真はネットニュースでも拡散されていたので見た人は多いのではないか。
出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」
球団公式サイトより

出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」

名誉会員1号・出川哲朗と、名誉会員第3号・さだまさし


最近は車椅子生活を送っているという野村克也元監督がバッターボックスに立った瞬間、その周りで心配しながら、でも実に楽しそうに見守る古田敦也をはじめとした教え子たち=ヤクルト黄金期の面々の写真を見ると、ヤクルトファンではない筆者も「この球団、いいなぁ」としみじみ感じ入った次第だ。

そんな家族的一体感が生まれた「Swallows DREAM GAME」の盛りあげを担った2人の有名人がいる。スワローズ公式ファンクラブ「スワローズ クルー」名誉会員1号で、今回始球式を担当した出川哲朗。そして、国歌独唱を担当した名誉会員第3号のさだまさしだ。

彼らの出演に関して、ヤクルトファンなら当たり前のためか各報道では少し説明が少ないように感じた。だが、この点にこそヤクルトらしさ、スワローズ的温かみが感じられると思うのだ。そこで今回、彼ら名誉会員たちの「球団愛」「ファンになったきっかけ」などを通して、改めてヤクルト球団について振り返ってみたい。

この記事の画像

「出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」」の画像1 「出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」」の画像2 「出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」」の画像3 「出川哲朗・さだまさし・村上春樹のヤクルト愛と「Swallows DREAM GAME」」の画像4