あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い

あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
作品内で富士山を背景に語る智賢 (c) 空族

日本のお坊さんをテーマにした映画が、あいちトリエンナーレの映像プログラムを皮切りに、今秋、日本とフランスで順次全国公開される。全国曹洞宗青年会が企画し、富田克也監督が製作した映画『典座 -TENZO-』だ。同作は今年5月のカンヌ国際映画祭の批評家週間で特別招待部門に選出。カンヌ市内の劇場で開かれた公式上映では木蘭色の袈裟姿の僧侶たちが壇上でフラッシュを浴びた。

物語は2人の実際の僧侶が主演を務め、フィクションとノンフィクションを織り交ぜながら進んでいく。1人は山梨の寺で両親と妻、重度の食物アレルギーを抱える3歳の息子と共に暮らす智賢(ちけん)。電話相談、精進料理教室、ヨガ座禅といった地域活動を意欲的に行なっている僧侶である。

もう1人は福島に住む僧侶・隆行(りゅうぎょう)。東日本大震災の津波で寺が流された本堂再建を諦めきれずも、今は僧侶ではなく、がれき撤去の土木作業員として、仮設住宅でひとり暮らしをしながら働いている。それら両者の心の葛藤を軸に、仏教が現代の日本社会に対してどうあるべきか、曹洞宗を日本に伝えた道元が遺した「典座教訓」、および青山俊董老師との語りを軸に問いかけていく。
あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
作品の軸として登場する青山俊董さん (c) 空族

仏教と映画、そしてカンヌ国際映画祭を通して感じたことを、監督の富田克也さん、智賢役の河口智賢さん、隆行役の倉島隆行さんにうかがった。
あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
河口智賢さん(左)、富田克也さん(中央)、倉島隆行さん(右)

きっかけはレッドカーペットの合成写真を使ったプレゼン


――どのような経緯で今回の映画を撮ることになったのでしょうか。

富田 全国曹洞宗青年会からご依頼をいただいて撮りました。じつは智賢(河口)と私は従兄弟同士で、つまり母方の実家が、智賢が副住職を務めている耕雲院です。そのためお寺というものは、私にとって馴染みのあるものでした。処女作『雲の上』も耕雲院を舞台にして撮っています。そして今回、図らずも再び耕雲院を舞台に撮るということになったので、これは絶対にやらねばと思い引き受けました。

河口 私は5月まで全国曹洞宗青年会の副会長を務めていまして、その在任中に同会長である倉島から突然言われました。倉島がカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを合成させた写真を見せて、青年会で映画企画のプレゼンをしたんです。初めこの人は何を言っているんだと思いました(笑)。

倉島 最初は今回の完成作のようなものをイメージしていたわけではないです。曹洞宗のプロモーションビデオのような10〜15分の短編を想定していました。それが徐々に変わって今の形になりました。
あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
実家の寺で両親と妻、3歳の息子と共に暮らす智賢 (c) 空族

富田 じつは私は子供の頃、お坊さんになりたいと思っていた時期があったんです。しかし私は跡取りの家系にないため、だんだんと忘れていきました。ただ、自分で意識しているかどうかは分からないですが、映画を作っていくこと、物事を考えるときなど、つまり自分の中のどこかに必ず仏教からの影響があると思います。そのようなこともあり今回の映画のオファーは、私にとって願ってもないことでした。

あらためて考えてみたら曹洞宗という宗派は伝統仏教の中で信者数では全国2位、お寺の数では全国1位というとても大きな宗教団体じゃないですか。お寺が身近な存在だったからと気軽に返事をしたけれど、よくよく考えたら大変なものを引き受けたのかもしれない……と後で気付きまして(笑)。そういうことは、あまり考えないようにしました。


僧侶として生きることへの葛藤と「3.11」


――今回の映画では「3.11」というものが、1つのターニングポイントとして描かれています。
あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
カンヌの公式上映で舞台に上がる富田監督ら

河口 日本の仏教僧というものは、世間では「葬式仏教」などと言われ、お経を上げることが仕事というようなイメージが付いています。かつては私自身も、僧侶として生きていくことにとても葛藤がありました。そのような中で、本質的なことをより考える機会となったのが東日本大震災でした。

実際に被災地を訪れて仮設住宅周りをして、被災者の方とお茶を飲みながら彼らのお話を聞くという傾聴活動をしました。最初は皆さん壁があるんですけれど、心を開いてくださる方が少しずつ増えてきました。お経を上げるだけじゃない、私たちが寄り添ってできることがあるんだと思ったんです。

富田 映画を撮り始める前に、まず青年会の人たちとの付き合いが始まって、だんだん彼らのことが分かってきた。よくよく考えたら、智賢とも、子供のころはよく遊んだけど、今はそれほど会う機会もなくなっていました。それに、智賢が一時期坊さんになることを非常に嫌がっていた時期があるのも知っていました。しかし、寺の長男として生まれたがゆえに、強制的にやらなければならない。そんな状況で、智賢が坊さんとして、今何を考えているのかなど、知りもしなかったんです。

でも、智賢をはじめ、青年会の皆はとにかくアツかった。そこで、「何でそんなに一生懸命やっているの?」と問いかけました。そしたら彼らは「きっかけは3.11だった」と言うんです。そして「一般の人々から自分たちが求められている気がする」とも言いました。

河口 作中でも登場する「いのちの電話」という、匿名で電話できて曹洞宗の僧侶が悩みを聞いてくれるホットラインがあります。東日本大震災の少し前に始めたのですが、それも震災を機に役割の大切さを再認識したものの1つです。
あいちトリエンナーレで上映 お寺から賛否あった映画『典座 -TENZO-』に込められた熱い思い
カンヌの海沿いを歩く倉島さんと河口さん

エキサイトの記事をもっと見る 2019年8月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。