「スカーレット」41話。15分間のほぼ3分の1をひとり語りでフカ先生、イッセー尾形劇場
連続テレビ小説「スカーレット」41話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」41話。15分間のほぼ3分の1をひとり語りでフカ先生、イッセー尾形劇場

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第7週「弟子にしてください!」41回(11月15日・金 放送 演出・小谷高義)


おはぎとお茶をいただきながら、喜美子(戸田恵梨香)は、マツ(富田靖子)と直子(桜庭ななみ)と百合子(住田萌乃)に自分の思いを語りはじめる。

イッセー尾形のアホな顔


朝は集中して作業をするため、誰かが工房に入ることを禁じているフカ先生(イッセー尾形)の作業を、やかんを取り替えるついでに後ろから見つめていた喜美子。先生は変な声をあげ、笑いながら絵付けしていた。その顔を喜美子が再現すると、「アホな顔」と直子は言う。
口がポカンと空いていたからか。笑うことは呆けることでもあるから。

フカ先生がいつ怒るかいつ怒るかと思って見ていたが、工房に入って絵付けを盗み見た喜美子のことを怒ることもなく、見られたことを「恥ずかしい」と言うだけだった。

そして、日本画家からなぜ火鉢の絵付け師になったかを語る。
8時5分23秒あたりから10分7秒くらいまで5分間弱、イッセー尾形がひとり語りする。

先生は戦争がはじまると従軍画家として戦争画を描くようになったことを苦にして、戦争が終わってからも絵が描けなくなっていたところ、火鉢に絵が描いてあるのを見て、「これが戦争が終わったというこっちゃ」「なんとぜいたくなことを日本は楽しむようになったんや」と感嘆し、絵付け師になった。

この記事の画像

「「スカーレット」41話。15分間のほぼ3分の1をひとり語りでフカ先生、イッセー尾形劇場」の画像1 「「スカーレット」41話。15分間のほぼ3分の1をひとり語りでフカ先生、イッセー尾形劇場」の画像2