review

内田理央「来世ではちゃんとします」1話。セフレ5人いる女子に驚くか「私のことだ」と共感するか?

「私にはセフレが5人いる。みんなマッチングアプリで知り合った。男たちは深夜でも会ってくれるし、セックスはお金がかからない合理的な趣味だ」

これを「ぶっ飛んだ設定だなあ」と思うか、「私のことだ……」と思うか。

1月8日(水)深夜から放送開始の内田理央主演ドラマ 『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)。CG制作会社で働く性に奔放な女性・大森桃江(内田理央)と、その周囲の性をこじらせた人々の暮らしを描くラブコメディーだ。
内田理央「来世ではちゃんとします」1話。セフレ5人いる女子に驚くか「私のことだ」と共感するか?
いつまちゃん「来世ではちゃんとします」1巻(集英社)

原作は、『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画。原作者はいつまちゃん。ドラマ版の脚本は、演劇ユニット・ブス会主宰でAV監督のペヤンヌマキ、映画『私たちのハァハァ』(2015年)の舘そらみが担う。監督には、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016年)、『“隠れビッチ”やってました。』(2019年)の三木康一郎らが名を連ねている。

記号として描かれないヤリマンと処女


桃江には、Aくん(塩野瑛久)、Bくん(平田雄也)、Cくん(野村尚平(令和喜多みな実))、Dくん(富田健太郎)、Eくん(おばたのお兄さん)という5人のセックスフレンドがいる。5人いれば、一人がダメでも誰かは盛っているから便利とのこと。セックスだけと割り切って楽しんでいるかというとそうではなく、商社勤務で高学歴・高収入・顔が良いAくんには恋をしてしまっている。

Aくんの性的嗜好は、桃江いわく「かなりハードコア」。桃江を亀甲縛りし、自分が作ったオムライスを手を使わずに食べさせる。桃江を見ながら徐々に息を荒くしていくAくん。わざとらしくエロそうな声を出したり舌なめずりをしたりせず、深い息と唾を飲むだけで興奮を表現していた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。