review

いいぞ「女子高生の無駄づかい」1話。ちゃんと「バカ」っぽい岡田結実、連続ドラマ「ロボっこ」にも期待

金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(毎週金曜23:15〜、テレビ朝日系)。ビーノによる同タイトルのマンガを原作に、田中望・通称バカ(岡田結実)、菊池茜ことヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおりことロボ(中村ゆりか)の3人をはじめとする女子高生たちの、キラキラとした青春の時間を無駄に過ごす日常を描く。
いいぞ「女子高生の無駄づかい」1話。ちゃんと「バカ」っぽい岡田結実、連続ドラマ「ロボっこ」にも期待
原作1巻

ちゃんと「バカ」っぽい岡田結実の表情


舞台は「さいのたま女子高等学校」。女子校であることさえ気づかずに入学してきた「バカ」。BL好きのヲタ、感情を表に出さないロボとつるみながらひたすら「モテたい」と願う。唯一の男性である担任・佐渡(町田啓太)は高学歴のイケメン。教室じゅうがときめくも、しょっぱなの「女子大生派だ」という宣言に全員が「ないわ……」となる。なお、この担任に「ワセダ出身かどうかはしらないけど、それっぽいから」と「ワセダ」とあだ名をつけたのはバカだ。ヲタとロボという身も蓋もないあだ名もバカによるもの。
前半は原作の4コマに比較的忠実に展開していく。高校生に見えないロリ(畑芽育)、中二病のヤマイ(福地桃子)、理路整然と苗字の由来を語りバカを怯えさせるマジメ(浅川梨奈)、なぜか呪いの道具を大量にもったマジョ(井本彩花)ら個性の強い面々が次々と登場する。
目力の強い岡田の表情は、自信満々に自分の信じた道を突き進むバカの雰囲気をよく表しているように見える。学校のシーンでは、ドラマのオリジナルキャラクターである教頭を演じる大倉孝二の存在が光る。あくまでもまじめにワセダを見守っているのだが、ワセダの「女子大生好き」に安心するというずれ具合を見せる。表情と心の声だけでおかしさを際立たせるのがさすが!

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。