review

「アメトーーク!」今年が大事芸人2020の裏で起きていた生存戦略ミラクルをご報告

「アメトーーク!」今年が大事芸人2020の裏で起きていた生存戦略ミラクルをご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第25回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします

バックナンバーはこちらから

1月30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)は「今年が大事芸人2020」だった。登場したのは霜降り明星、宮下草薙、EXITといった「お笑い第7世代」の面々と、そろそろ冠番組が欲しいという三四郎、そして芸歴20年目のダイアン。MC側ゲストには千鳥が座る。

番組序盤から、トークは荒れに荒れた。千鳥ノブが「バラエティよ〜!」と仲裁し、蛍原徹が奇妙なダンスを踊って自分に視線を集めようとする。ひな壇は不安と不満とボディーブローが飛び交う修羅場と化していたのだ。

草薙が宮下にガチボディーブロー


この日最初のトークテーマは「2020年 僕たちの悩みと不安」。宮下草薙のボケ・草薙が口にしたのは、相方である宮下兼史鷹のこと。最近すっかり自信を無くしているという。これまで番組出演前に入念なシミュレーションをしてきたが、思い通りにしゃべれない。さらに、ピンの出演が多い草薙は、現場でどんどん成長してしまう。宮下は自分がやることに意味を見いだせなくなっていた。

草薙の隣に居るだけなんて意味がない、自分はもうコンビに必要ない、解散してピン芸人としてリスタートしたい……。ネタでは草薙のネガティブを止める役割なのに、リアルなネガティブが止まらない宮下。コンビでやっていきたい草薙は必死で「宮下!宮下!」と制止する。

続いて悩みを打ち明けたのはEXIT。「Youtubeが楽しくなってきた」という兼近。テレビの収録時間ってバカみたいに長くないですか? ワイプで顔を抜くのなんて別撮りでもよくないですか? 分けわかんない人の話を聞かされるし、どんだけやるのか……と暴走し、相方のりんたろー。が「兼近!兼近!」と制止。最近は「オレらなんか今年いっぱいだ」とネガティブなことも口にしているらしく、草薙も「陽でいてほしい」と願う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「アメトーーク!」今年が大事芸人2020の裏で起きていた生存戦略ミラクルをご報告」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    無理やりすぎ。ミラクルでも何でもないだろ。

    6
  • 匿名さん 通報

    菅によれば、桜の会に出席していた人の名前は「国家機密」なんだって笑 じゃあ安倍支持者はみんな匿名で生きろよ阿呆。笑

    0
  • 匿名さん 通報

    とりあえず文章は確認しよう。小学生でも真面目に授業を受けていたら知っていることが出来ていない。

    0
  • 匿名さん 通報

    面白かったです!生存戦略のほうは見逃していたのですが、今回も超良さそうな感じですね

    0
  • 匿名さん 通報

    顔と名前まで出してよくこんな記事でイキってるよなw

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。