review

柄本佑「心の傷を癒すということ」最終回必見「在日韓国人や。それで医学部や」やさしく激しい精神科医の心

1995年の阪神・淡路大震災。
自らの被災しながらも、安克昌は、被災者の精神医療活動を始めた。
避難所に訪れ、来援者と協力し、戸惑い、模索しながら、心のケア・ネットワークを立ち上げた。
ドラマ「心の傷を癒すということ」は、その精神科医安克昌をモデルにして、全4話で、彼の生涯を描いたドラマだ。
脚本は、桑原亮子
原案となった安克昌『心の傷を癒すということ』第18回(1996年) サントリー学芸賞・社会・風俗部門受賞作

在日韓国人や。それで医学部や


第1話は、精神科医・安和隆の生い立ちが、1995年1月17日直前まで描かれる。
演じるのは、柄本佑。
「知らなくてもいいコト」(レビュー)では、吉高由里子の元カレを演じてイケメンっぷりを発揮しているが、「心の傷を癒すということ」では、おだやかなで、のんびりした精神科医を見事に造形した。

「ぼくな、ほんまは安田ちゃうねん。安って言う名前やねん。在日韓国人や。それで医学部や」
在日韓国人3世として生まれ、厳しい父の期待に答えられないことや、アイデンティティについて悩みながらも、終子(尾野真千子)と出会い、結婚し、こどもも生まれる。

写真を撮ることが被災者の助けになっているのか


そして、第2話。
「1995年1月17日午前5時46分。阪神淡路大震災が発生した」
ナレーションとともに、震災の写真が映し出される。
「震災の直後、私はひとりの精神科医と忘れられない仕事をした」
日報新聞社文化部の新聞記者の谷村英人(趙みん和)の語りからはじまる。
後に『心の傷を癒すということ』というタイトルの本としてまとまる連載を和隆に依頼する人物だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

吉高由里子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「吉高由里子」に関する記事

「吉高由里子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉高由里子」の記事

次に読みたい「吉高由里子」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク