review

古舘寛治と滝藤賢一「コタキ兄弟と四苦八苦」門脇麦のネガティブがリアルでしんどい、刺さる

ドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』。生真面目な兄・一路(いちろう)を古舘寛治、不真面目な弟・二路(じろう)を滝藤賢一が演じる。第7話のゲストは門脇麦、サブタイトルは「病苦」。

めんどくさい病


「連絡が取れなくなった友達の無事を確かめてくれ。自分は遠方で行かれないから替わりに頼む」
という依頼でレンタル兄弟おやじは神野あかり(門脇麦)の家を訪ねる。孤独死しているのかも、とおそるおそるドアを開けるとそこはゴミの山。ゴミの中であかりはボォっと生きていた。

弟(滝藤賢一)は「ありゃめんどくさい病だな」と呆れるが兄(古舘寛治)は「事態はもっと深刻、セルフネグレクト」だと指摘。趣味の「現代用語の基礎知識」読書で得た知識だ。セルフネグレクトとは生活環境や健康が悪化しているのに気力を失っているため人にも助けを求めない状態。行き着く先は孤独死という場合もある。

放っておくわけにいかなくなった。
「仕事。看護師、なんで辞めたの?」と弟が尋ねるとあかりはボォッとした口調で答え出す。
「感染してしまって。感情です。気持ちの感染。怒りとか悲しみとかネガティブな感情ほどうつりやすいんです。情動感染っていうんですけど、相手の感情を自分の中に取り込んでしまう

職場で広がった情動感染。一人の医師から発せられた「苛立ち」が看護師たちにも音叉の響きのように静かに広がっていき(ドラマ効果音の音叉の音色がまた不気味……)やがて職場は混乱状態に。あかりの苛立ちも沸点を越え、気がつくと蓄尿容器をぶちまけていたそうだ。「自分だけは冷静だと思っていたのに」というのが情動感染の恐ろしいところ。

人に共感するというのは普通のことだけど、共感しすぎて自分が参ってしまうのはまずい。昨今の暗いニュースにも「情動感染」しないようにしなくっちゃ(参考→ウートピ「その怒りや不安は「情動感染」のせいかも? 気疲れしやすい人の共通点」)。

孤独という病


古舘寛治と滝藤賢一「コタキ兄弟と四苦八苦」門脇麦のネガティブがリアルでしんどい、刺さる
イラストと文/まつもとりえこ

いつの間にか眠っていた兄弟。あかりから発せられる悪臭で我に返る。
あかりに風呂場に移動させ、部屋の大掃除を始めた。

部屋が綺麗に片付いた頃、あかりが「お風呂は良いねぇ!」と別人のようなテンションで風呂場から出てくる。
人間こんなに早く復活できるものかね、と思うがきっとこれが元々の姿。

「(依頼人の)中村君と電話で話した。あかりんが電話切って心配させっから仕事終わってすぐに新幹線に飛び乗ったんだと」
そう聞いて「めんどくさい!」と慌てるあかり。うん、友達の元カレとか確かにめんどくさい。
しかしその後やってきた中村は抜群に優しい男だった。

弟「あかりんと中村どうなったかなぁ」
兄「どうだろうな。ま、うまく行かなかったとしても気にかけてくれる人がいるっていうのはありがたいことなんじゃないか。面倒で死ぬことも能天気で死ぬこともない。だが孤独という病は人を死に至らしめる」

気にかけてくれる人がいるということを知ったあかりは本当に幸運だ。
めんどくさくても、やっぱり植物よりは人間が良いもん。

(イラストと文/まつもとりえこ)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コタキ兄弟と四苦八苦

コタキ兄弟と四苦八苦

古舘寛治×滝藤賢一の演技派W主演でおくる、愛すべきダメおやじ2人の人間賛歌コメディ。生真面目な兄・一路(いちろう)を古舘、不真面目な弟・二路(じろう)を滝藤が演じる。テレビ東京「ドラマ24」枠にて、2020年1月10日~3月27日放送。

2020年2月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。