review

「今」しか創れない(上田慎一郎監督)『カメラを止めるな!リモート大作戦!』をさっそく「今」見てみた

       
「今」しか創れない(上田慎一郎監督)『カメラを止めるな!リモート大作戦!』をさっそく「今」見てみた
(c)カメラを止めるな!リモート大作戦!

『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、全くスタッフとキャストとが会わず、完全リモートという形で短編映画を撮った。奇策に見えるが、それだけではない。『カメラを止めるな!リモート大作戦!』は、「映画館ではなく、パソコンで見る映像作品」というフォームから逆算された、様々なアイデアが凝らされた作品なのだ。

日暮さん、今度は完全リモートで再現ドラマを撮ることに!


『リモート大作戦!』は、『ハリウッド大作戦!』に続く『カメラを止めるな!』のスピンオフである。主要キャストが再集結して撮影された新作ではあるのだが、しかしスタッフとキャストは一度も顔を会わせていない。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛のため、大人数が一箇所に集まる映画の撮影などはもってのほか。にも関わらず、ちゃんと『カメラを止めるな!』のシリーズ作品として成立している。

今回も一応の主人公は映像監督の日暮隆之。彼はリモート会議の席で、プロデューサーの笹原から「犯罪ものの再現ドラマを撮ってほしい」と仕事の依頼を受ける。しかし折からのコロナウイルスで、人を集めての撮影はご法度。それならということで、リモートで役者自身が撮影した映像を送ってもらい、それを編集して一本のドラマにまとめることを提案される。無理めな依頼を、日暮は乗り切ることができるのか。

本編のあらすじは、かくのごとくシンプルなものである。しかしその中身は、ちょっと一筋縄ではいかない。役者たちがマジで自分のスマホで撮ったと思しき自撮りの映像がそのまま劇中で使われ、さらにはSNSで募集した普通の人の自撮り映像もはめ込まれるインタラクティブな作り。どうせ撮影ができないならと、転んでもタダでは起きない姿勢が見える。単に「スマホで撮ってみた」というだけには止まらず、『カメラを止めるな!』の登場人物たちの近況が盛り込まれているのも楽しい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「今」しか創れない(上田慎一郎監督)『カメラを止めるな!リモート大作戦!』をさっそく「今」見てみた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    最近思うのですが、いっそのこと劇場公開できていない「お蔵入り映画作品」をいまこそYoutubeで期間限定無料配信できればいいのですが。

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。