review

因幡はねると774inc.の仲間たちが8時間の音楽フェスを開催「このイベントを絶対に成功させたい」

       
因幡はねると774inc.の仲間たちが8時間の音楽フェスを開催「このイベントを絶対に成功させたい」
「有閑喫茶あにまーれ」の雇われ店長で、ユニットリーダーを任されている因幡はねる。永遠の19歳だが、誕生日の3月3日だけは二十歳になる。頭の回転の速さや抜群の話術を活かしたMCに定評がある

8時間の音楽フェス『ななしふぇす どぅーいっと!』開催

「有閑喫茶あにまーれ」「ハニーストラップ(ハニスト)」「ブイアパ」「シュガーリリック(シュガリリ)」を運営する「774inc.(ななしいんく)」がVチューバー事務所単独では史上最大規模となる8時間のオンライン音楽フェス『ななしふぇす どぅーいっと!』12月19日(土)に開催。13時から21時までの8時間、全4部構成で、20人の出演者全員が主役の音楽ライブをオンライン配信する。

【インタビュー後編】因幡はねるが語る『ななしふぇす どぅーいっと!』への思い「一緒にステージに立っている気持ちで」

エキレビ!では、単独のVTuber事務所による音楽イベントとしては最大規模となるこのフェスに注目し、774inc.の歴史を知る二人のVTuberへのロングインタビューを実施。一人目は、774inc.最初のグループ「有閑喫茶あにまーれ」のリーダー因幡はねるだ。

2018年6月、5人組VTuberグループ「有閑喫茶あにまーれ」の一員として、YouTubeでの配信活動を始めると、活動の初期から「因幡組」と呼ばれる熱心なファン(公式ファンネームは、はねるっこ)を獲得。

デビューからの一年間は一日も休むことなく配信を続けて、「因幡組」の勢力をさらに拡大していくと同時に、学力テスト企画「VakaTuberは誰だ?」や、トークバラエティ企画「Vのから騒ぎ」など、自身が主催する多人数コラボ配信で、卓越した企画力やMCとしてのスキルの高さを発揮。VTuber界全体の中での知名度や人気も増していった。

しかし、その道のりは、順風満帆だったわけではない。何度も悔しい思いもした末に、仲間とともに実現する晴れ舞台『ななしふぇす どぅーいっと!』を前に、因幡はねるは何を思うのか? ほぼ毎日という配信ペースを今もキープしながら、本番へのレッスンにも取り組む多忙な日々の中、じっくりと語ってもらった。

人気のあるVTuberさんは別世界の存在に感じていた

──774inc.初の全体イベントが開催されることになった時の率直な感想を教えてください。

因幡 大きなイベントをやりたい気持ちはずっとあったので、決まった時は「やっとだ!」って思いました。でも、そう思うようになるまでの心の葛藤というか、気持ちの移り変わりはいろいろとありました。

私たち「あにまーれ」がデビューした時期って、私たちはちょっとマイノリティだったというか。キズナアイちゃんとか、ときのそらちゃんとか人気のあるVTuberさんがキラキラした存在だったのに対して、私たちは「なんか、普通の人がデビューしたぞ」みたいな感じで(笑)。自分としてもそういう人気のあるVTuberさんは別世界の存在みたいに感じていたから、「私もあんな風になりたい」みたいな気持ちではなく、「すごいなーパチパチ」みたいな気持ちで見ていたんです。

元々、普通のアイドルさん──AKBさんとか乃木坂さんとかが大好きだったので、そういう世界への憧れみたいなものはあったのですが、自分自身がそういう華やかなことをできるとは、あまり想像できなかったです。

因幡はねると774inc.の仲間たちが8時間の音楽フェスを開催「このイベントを絶対に成功させたい」
774 inc.が主催する、Vチューバー事務所単独では史上最大規模となる8時間のオンライン音楽フェス。「有閑喫茶あにまーれ」「ハニーストラップ」「ブイアパ」「シュガーリリック」の4グルーブが大集合

──しかも、「あにまーれ」がデビューした時期は、最初のVTuberブームが少し落ち着き、VTuberという文化の目新しさも少し薄れてきた頃でしたね。

因幡 ものすごくメジャーにはなってないけど、珍しさは少し薄れてきたという狭間の時期でしたよね。そんな中でも、私たちと同じくらいの時期にデビューしたVTuberさんの中からも人気者が出てきて。そういう人たちは、イベントとかにも呼ばれるようになっていきました。

その年の年末、いろいろなVTuberのイベントがあったのですが、私たち「あにまーれ」は一つもお声がかからなかったんですよ。でも、私たちより1カ月後にデビューした「ハニスト」は呼ばれてて。

──音楽イベント『count0』に出演しましたね。

因幡 私はまだ3Dにすらなれていなかったのに、後からデビューした「ハニスト」が3Dでイベントに出てて、むちゃくちゃショックでした。

でも、そのくらいの時期から、ほぼ同期の子や、同じ運営の「ハニスト」の子がイベントなどにも出ているのだから、自分たちも頑張れば、そういう方向に進めるんじゃないかみたいな気持ちが出てきたんです。「キズナアイちゃんや、ときのそらちゃんたちはすごいなー」という感覚だったのが、「私たちも、そっちにいけるんじゃないか」という希望が少しだけ出てきた時期でもありました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月11日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。