review

『24 JAPAN』家族のため常軌を逸していく現馬、毅然と娘を守って生きようとする六花 父も母も強し

       
『24 JAPAN』家族のため常軌を逸していく現馬、毅然と娘を守って生きようとする六花 父も母も強し
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

現馬がハードボイルドに『24 JAPAN』11話

「夜のとばり作戦」とは何なのか。

【前話レビュー】現馬(唐沢寿明)、朝倉麗(仲間由紀恵)、研矢(上杉柊平)にイライラ

『24 JAPAN』(テレビ朝日系 毎週金よる11時15分〜)第11話は午前10時〜11時。もう11話。通常の連ドラだったら最終回くらいだが、まだ折り返し前(24時間の話だから24話まであるはず)。

最初は、国家レベルの暗殺計画の捜査にあたっているわりに獅堂現馬(唐沢寿明)が平凡なおじさんに見えたが、切羽詰まってきてだんだんやばい人になってきた。「やることがエスカレートしている」と水石伊月(栗山千明)が心配するのもよくわかる。

民間人を脅すは、車は盗むは、テッド福井(飯田基祐)のリムジンの運転手のふりして彼を拉致。伊月も「エスカレートしてる」と釘を刺すわりに、現馬に協力的で、彼女が報告したテッドの周辺情報によって「じわじわと脅してこちらが主導権を握り、そこから一気に落とすのがよさそうだな」と踏んだ現馬は、世にもおそろしい拷問方法をテッドにしようとする。

伊月から実際に痛めつけるより脅したほうがいいと助言を受けてのこととはいえ、拷問方法を淡々と説明する現馬は、ちょっと違うとこにいっちゃった顔つきだった。でも流行りの熱血的な顔芸にいかず、口調も顔もあくまでクールなところが唐沢寿明の矜持を勝手ながら感じる。

旧ソビエトの収容所の拷問の手口は原始的で、身近なものを使っていたと、それをテッドに用いようとする。心臓の悪いテッドは、メンタル的にも身体的にも悪くなっていって……。どんなに酷くてもすべては家族のため。父は強し。

その頃、神林(高橋和也)のもとにアンドレ・林(村上淳)が来て、神林をクビにして、第2の計画をはじめると宣言。第2の計画とは何か……。

ここへきて突然、テッド福井とかアンドレ・林とかハーフ系な人たちが出てきたことは意識的なものなのか偶然か。それはともかく、アンドレが神林に六花(木村多江)美有(桜田ひより)の始末を命じているのを立ち聞きする研矢(上杉柊平)

その前にふたりには「さっきは悪かった」と謝っていた。視線でケータイのありかをばらしてしまったのは、迂闊すぎたよ! 研矢にはそろそろ挽回してほしい。と思ったら、研矢は、殺された剛(犬飼貴丈)から預かった銃を美有に手渡す。だいぶ思いつめている様子だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『24 JAPAN』家族のため常軌を逸していく現馬、毅然と娘を守って生きようとする六花 父も母も強し」の みんなの反応 1
  • 頭狂ごーかん被害最多超速報 通報

    ≪頭狂名物ごーかん風景≫1方≪TVの話題で自らの不都合ひた隠すごーかん最多頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪頭狂ごーかん男が女性を刃物で脅し≫頭狂ごーかん男が逃走していた事がわかった。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

24 JAPAN

24 JAPAN

凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24』(2001年)を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。唐沢寿明を主演に迎え、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。テレビ朝日系にて、2020年10月9日〜放送中。

2020年12月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。