review

今夜金ロー『ヱヴァンゲリヲン:序』庵野秀明はなぜ21世紀の映画に90年代要素を執拗に残したのか

今夜金ロー『ヱヴァンゲリヲン:序』庵野秀明はなぜ21世紀の映画に90年代要素を執拗に残したのか
新劇場版の最初にあたる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。97年に旧劇場版が公開されてからちょうど10年後の2007年に作られたこの映画、内容は21世紀で、舞台背景は90年代のままなのはなぜだろう?

今夜の金ローは『ヱヴァンゲリヲン:序』

きょう夜9時からの『金曜ロードSHOW!』は、3週連続『エヴァンゲリオン』シリーズの第1弾『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版』を放送。過去に『:序』について執筆した、ライターたまごまご氏のレビューを改めてお届けします(2014年8月22日掲載時のまま再掲)。

【関連記事】『ヱヴァンゲリヲン:序』 シンジくんが聴いていたカセットテープの謎

90年代の空気を残した部分をピックアップ

「時に、西暦2015年」
これは1995年放送の『新世紀エヴァンゲリオン』第1話の、一番最初に出てくる文字。TV版基準だと来年、第三の使徒がやってきて、エヴァが初号機が起動するっぽいです。

しかし『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下:『序』)ではこの文字はカットされており、パンフレットなどからにもこの文字はありません。第三の使徒は「第四の使徒」になっているし、カヲル君は月にいる。TV版、旧劇場版と全く別のルートを再構築し始めた『新劇場版』四部作に、ファンが騒然となったのが2007年。旧劇場版から10年、今から7年前のことです。『序』からそんなに経つのか。なんか……待つのに慣れてしまった。

TV版と新劇場版『序』は、エヴァのフォルムをはじめ、大きな違いがたくさんあります。最も違うのは、主人公碇シンジの性格。鬱屈感がない。エヴァに乗るのが怖いのなんて当たり前なんだよ。でも逃げない。ああ、シンジさんカッコいい。友達との絆も強まり、自ら一歩前に踏み出し成長し、なんだか前向きです。

00年代の空気にあわせて再構築された新劇場版『序』。新しいものを作り、がっちりと方向性を変えているにもかかわらず、90年代にイメージした2015年の空気を保持しています。『序』の中から、90年代の空気を残した部分をピックアップしてみます。

●公衆電話
シンジがやってきたばかりでミサトに連絡をとった場所(廃墟地区?)と、委員長・ケンスケ・トウジがいた避難通路に、公衆電話が描かれています。前者はオレンジ色の非常用公衆電話(TV版は緑色)で、後者は緑色の一般公衆電話です。10円と100円玉、テレホンカードが使えるタイプ。緑色の公衆電話は今もあります。しかし、この20年の間で激減しました。
公衆電話 設置場所検索| NTT東日本
地域にもよりますが、「こんだけしかないっけ?」という感じ。どこにでもある背景、ではなくなりました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク