『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界

差別はあって当然? 不思議の国ニッポン

LGBTなど性的少数者(セクシュアルマイノリティ)への理解を促進するための法案。LGBT理解増進法案(そもそも理解促進? 理解を促進? まだそんな段階??)。法案に「差別禁止」を規定するよう野党側が強く求め、与野党協議の結果、「性的指向及び性自認を理由とする差別は許されない」という文言が追加された。

しかし、自民党内では「差別を理由とした政治運動が起きかねない」「差別を理由に裁判が起きて社会が混乱する」という反対意見が出ており、今国会での成立は見通せない状況だという。

【外部リンク】LGBT法案“提出見送り”に抗議…訴えは
(https://www.excite.co.jp/news/article/E1622739895782/)

この問題は、先の5月20日の党会合で自民党の反対派の「生物学上、種の保存に背く。生物学の根幹にあらがう」などという発言で、ツイッターが大いに燃え上がった。「差別は許されない」小学生でも習うレベルの当たり前なことだが、その文言をめぐって紛糾する政党が日本の政権を握っているのである。

しかも、そんな超初期段階で大揉めの日本で、多様性を掲げたオリンピックとパラリンピックが開催されようとしている。へそで茶が沸くとはこのことだ。

知識と理解が全く足りていない

「差別や偏見は、無知と無関心から生まれる」と言われる。差別は、良心や道徳のみでは防ぎきれないのだ。知識と理解が必要である。

だが、我々日本国民の大多数は、性的少数者への知識と理解が全く足りていない。主語を大きくするのは、ネット記事やツイッターでは炎上のもとだが、現に「LGBTへの差別は許されない」という文言を追加するかどうかの超初期段階のレベルで揉めるような政党が主権を握っているのは、我々日本国民(有権者)の多くが自民党に投票したからに他ならない。

私は彼らに投票していない! だって、投票に行っていないもの! という人もいるだろう。だが、大多数の政治に無関心な層が投票に行かないことによる投票率の低さや、白票も自民党が政権を握っている一因なので、やはり主語を大きくせざるをえない(ちなみに、かつて国民投票で選ばれた党が、同性愛者を迫害し、強制収容所で虐殺した歴史があった。その政党の名を、ナチス・ドイツという)。

何が偏見なのかわかっていないかもしれない

最近は、映画やドラマなどでもセクシュアルマイノリティを扱ったコンテンツが前より増えたように思う。しかし、エンタメとしては消費されているが、セクシュアルマイノリティそのものへの十分な理解の促進には必ずしも繋がっていない気がする。

そもそも私自身、知識が足りていない。今までそういう映画やドラマをいくつか観たが、セクシュアルマイノリティがどういう人たちか、はっきりとした理解や整理はできていなかったように思う。現在の教育現場ではどうか知らないが、アラフォーの私が、中学高校で習った保健体育の授業では、性的少数者のことは学ばなかった(忘れてるだけだったら、本当すみません先生)。

先ほど政権与党をボロカスに言ったが、私自身何が偏見なのかわかっていないかもしれない。もっと、きちんと知らなければならない。必要なのは「学び」である。

普通という言葉の暴力性

本によると、「セクシュアルマイノリティ」という言葉は、性に関して「(社会の想定する)普通」ではないあり方を生きる人々を指す総称である。我々はまず、この多様性の時代に「普通」という言葉が持つ暴力性を知らなければならない。この言葉は、その社会が想定する上での「普通」からはじき出されたものを、排除したり差別する危険性をはらんでいる。

『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界

逆にいえば、セクシャルマイノリティとは、「普通」であることを押し付けられ、望まぬ生き方を強いられたり、あるいは「普通」でないことをもってからかいや排除の対称となる人々と言い換えられる。しかも、この「普通」を押し付けてくるマジョリティ側には、セクシュルマイノリティに対して、単に知らないだけでなく、「自分とは関係ない、よくわからない人たち」という感覚のもと、積極的に知らないままにしておこうという姿勢が垣間見える。だが、我々は「人を傷つけない程度にはものを知っているべき」なのだ。

性自認と性的指向は独立しているし、性別は2つじゃない

まず最低限、【性自認】【性的指向】『この二つは独立しており、完全に分けて考えなければならない』ということを、頭に入れておかねばならない。

【性自認】…こころの性、自分自身が認識している性別、男性、女性、そのどちらでもない場合もある。
『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界

【性的指向】…恋愛感情や性的欲望がどの性別に向かっているか、男性が好き、女性が好き、男女両方が好き、どちらにも恋愛感情を抱く、どちらにも抱かない場合もある。
『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界

その上で、【身体の性】と【性自認】も必ずしも一致しないということも忘れてはならない。

【身体の性】…外性器や染色体などの特徴から判断される場合が多い。

しかも、ここに服装や言葉遣いなど、自分自身をどう表現したいかという【らしさの性】も加わってくる。

正直この時点で、説明してるこちらも頭がグルグルしている。ものすごく複雑である。男女2色どころではない、色とりどり、様々な色のグラデーションがマーブル状に混ざり合っている。しかしこれらを知ると、あらゆる書類の記入欄にある男・女どちらかに◯の項目が、非常に雑で強引かつ無理解なものに思えてくる。

LGBTという言葉は、セクシャルマイノリティの一部しか指さない

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字で、それらをまとめて名指す表現である。

しかし、十把一絡げにこの四文字で括ってしまっておけば良心的にわかってる風を装えるわけではない。前段の通り、セクシャルマイノリティの世界は、非常に複雑で四文字で語れるほど単純なものではないのだ。

L【Lesbianレズビアン】…性自認が女性で、性的指向が女性に向く人
G【Gay ゲイ】…性自認が男性で、性的指向が男性に向く人
B【Bisexual バイセクシャル】…性的指向が男性女性両方に向く人
T【広義のトランスジェンダー】…自身の性に対して割り当てられた性別とは何らかの意味で異なる性自認を持つ人、「身体の性」と「性自認」に違和感がある人
トランスセクシャル…身体的な特徴をもとに割り当てられる性別とは異なる性自認を生きるトランスジェンダーの人々
トランスヴェスタイト…異性装者「女らしさ」「男らしさ」など容姿に関する割り当てに抵抗する人々(但しこの場合、性自認は必ずしも問題ではない)

(狭義の)トランスジェンダー…他者からの性別の割り当てと、異なる性自認を生きるトランジェンダーの人々

※上記は便宜上の分類であり、実際はくっきり分かれているわけではなく、重なり合っている部分がある
※「レズ」「ホモ」は同性愛者に対する侮蔑の意味で使われた歴史を持つので使用すべきでない

また、上記のLGBTから漏れてしまうセクシャルマイノリティがある。

アセクシュアル(asexual)…性愛の対象となる性別のない人

Xジェンダー/ノンバイナリー…性自認が男性でも女性でもない性別の人、『第三の性』とも呼ばれる

最近はここにQ(クエスチョニング…自分自身の性自認がわからない、または決められないマイノリティ/クィア…セクシャルマイノリティの総称)や、+(上記のほかの様々なセクシュアリティ)が加わりLGBTQ+となっている。LGBTという括りは、性的指向についてのマイノリティであるLGBと、性自認ついてのマイノリティであるTがゴッチャになっているため、少しややこしく感じるような気もする。

『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界

この記事の画像

「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像1 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像2 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像3 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像4
「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像5 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像6 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像7 「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像8
「『ボヘミアン・ラプソディ』を観る前にきちんと知りたいセクシュアルマイノリティの世界」の画像9