review

『黒鳥の湖』驚愕の事実と衝撃のクライマックス! 人間の悪に迫るダークミステリードラマ


ミステリーの醍醐味を味わえる、宇佐美まこと著『黒鳥の湖』

本を開いてすぐ、これ、シリアルキラーが主人公のミステリー? 好物好物! と盛り上がった。なにしろ物語の出だしからして、とっても不穏。絶対、人に言えないような悪いことしてるでしょ、というシチュエーションであり、登場人物なのである。不謹慎ながら、殺人事件が起きるんだよね、そうだよね……的なちょっと怖めの筆運びに、のっけから一気に持っていかれてしまった。

【無料試し読みあり】宇佐美まこと『黒鳥の湖』を購入する

宇佐美まこと『黒鳥の湖』は、そんな「で? それで? それから?」とページを繰る指がもつれそうになるほど気が急く、まさにミステリーの醍醐味を味わえる小説だ。

物語の主人公である財前彰太はザイゼンコーポレーションの社長。妻の由布子、高校生の娘・美華と高級住宅地の一軒家で幸福な生活を送っている。ところが女性が拉致され、その所持品が次から次へと家族の元に送りつけられるという世間を震撼させる事件が起きてから、彰太の心はかき乱される。

ザイゼンコーポレーションを立ち上げる前に興信所の調査員をしていた彰太は、18年前にある男から、娘が拉致され、着ていたワンピースの切れ端や髪の毛や剥がされた爪などが送られてくる、という気味の悪い事件の調査を依頼されたことがあったのだ。

調査を進めるうち、その事件が当時頭を悩ませていた問題の解決に役立つと思った彰太は悪いことだと思いつつも事件を利用し、今の幸福を手に入れたのだった。それゆえ、あまりにも18年前と何もかもが似すぎている事件を前に不安と恐怖を覚えるようになるのだが、そうした彰太をもてあそぶように娘の美華が行方不明になる。そして次々と美華の所持品が送られてきた。

過去に犯した罪が因果応報として返ってきたのか……誰にも言えない秘密を抱え戦々恐々とする彰太だが、一方で妻の由布子も決して口にはできない秘密を胸に自分を責めるようになっていく。そんな彰太と由布子は救いを求め、ある寺の住職代理である若院と、その母の大黒のもとに通うようになる。娘の安否が心配でならない彰太はワラをも掴む気持ちで美華を探し始めるのだが、18年前の報いなのか、幸福の歯車はきしみながら狂い始める──。

荒筋を非常にザックリ言うと、そういうことになる。だが本を開いてすぐに感じたシリアルキラーのミステリー小説という印象は、読み進めるにつれて少しずつ変わってきた。どうやらこの話、自分にも思い当たるフシがあるぞ、それもそうとうヤバい部分でだぞ、正直これはかなりな闇だぞ……と。

これ以上言うとネタバレの反則になるので差し控えるが、実は言いたくて言いたくてたまらない。あの人、こんなことがあってね、そのときこんなことされちゃってさ、そしたらアイツが本当はこういう奴だってことがわかって、それを知ったソイツが今度はあんなことをして……。

現在と過去が複雑に絡み合い、人の心の闇や傷が次第に明らかになっていき、驚愕の事実と衝撃のクライマックスに雪崩れ込む。あ~しゃべりたい、教えたい。ハッキリ言おう、極上のミステリーほどネタばらしをしたくなる。だってあまりに仕掛けが面白いから。トリックがとっても美しいから。そのすごさを言いたくなってしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク