バンプ、YOASOBIらが選出!“歌詞が支持される“アーティストによる『紅白歌詞合戦2020』特集公開

バンプ、YOASOBIらが選出!“歌詞が支持される“アーティ...の画像はこちら >>



歌詞検索サービス『歌ネット』が、独自の選考基準による『歌ネット版・紅白歌詞合戦2020』の特集を公開した。



この特集では、もしも“歌ネット支持率の高い=歌詞が支持される”アーティストたちで紅白歌合戦を行うとしたら?というテーマで、4つの選考ポイントから紅組20組、白組20組、コラボ枠4組の計44組を選出した。本家紅白との相違点にも注目だ。



なお、選考は『歌ネット』サイト内における2020年の、(1)ウィークリーランキング、(2)注目度ランキング、(3)歴代人気曲認定曲、(4)歌ネットピックアップ枠、以上4つのポイントを基準に行われた。



2020年、楽曲別の歌詞アクセスウィークリーランキングで、TOP10にランクインしたアーティストは(五十音順)、あいみょん家入レオ、Uru、瑛人、Official髭男dism、オレンジスパイニクラブ、King Gnu、菅田将暉DISH//back numberBUMP OF CHICKEN、優里、YOASOBI、米津玄師、ヨルシカ、LiSAwacciとなる。このうち、実際に紅白に出場が決定しているのは4組のみ。



注目度ランキングとは、発売1ヶ月前~発売日までの楽曲を対象としたランキング。このランキングのTOP5にランクインしたアーティストは(五十音順)、aiko、あいみょん、阿部真央、家入レオ、井上苑子上野優華、Uru、Official髭男dism、神はサイコロを振らない、海蔵亮太(海蔵亮太 with 大竹しのぶ)、King Gnu、ザ・コインロッカーズ、SHES、JUJU、Da-iCEちゃんみな、BUMP OF CHICKEN、ビッケブランカ(ビッケブランカ VS 岡崎体育)、THE BEAT GARDEN、藤井風、flumpool、MACO、マカロニえんぴつ、米津玄師。特に、神はサイコロを振らない、ザ・コインロッカーズ、Da-iCE、THE BEAT GARDENは、SNSで非常に強く支持されていた。