北村匠海、DISH//が紅白初出場を掴むまでの軌跡と“俳優”として培ってきたもの

北村匠海、DISH//が紅白初出場を掴むまでの軌跡と“俳優”として培ってきたもの

北村匠海、DISH//が紅白初出場を掴むまでの軌跡と“俳優”...の画像はこちら >>



俳優として活動しながら、ダンスロックバンド・DISH//でギターボーカルを担当する北村匠海。本記事では、DISH//として『第72回NHK紅白歌合戦』への初出場も決まるなど、アーティストと俳優、両面で活躍の幅を広げている北村の、音楽活動での苦労や、現在までの軌跡、グループに対する思いを辿る。



2011年12月に成されたDISH//は、昨年、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』にて公開された「猫」を歌唱する映像が話題となり、動画再生数は1億回を突破。また、ストリーミング総累計再生数は3億回を超えるなど大ヒットとなった。あるテレビ番組では、北村は学生時代、事務所から“1年間ラブソングやバラードを歌うのは禁止”と通達を受けたと明かしていたことがある。「やっぱり、ラブソングを歌うにあたって、たぶん何もかもが未熟な中で、感情が伝わらないとか」と当時を振り返っていた“現在”の北村が歌うからこそ、この「猫」というラブソングは人々の心に刺さったのかもしれない。



一方で、2018年にはメンバーの脱退を経験するなど、バンドとしての活動は常に順風満帆とはいかなかったようで、「猫」ヒット前の心境について、北村は「元々がこうバンドとして認めてもらえないとか、色んな思いを10年してきて今があるので」と明かしていたこともあり、「意外と負けっぱなしだった僕らの弱い部分をさらけ出して、戦っていくっていう宣戦決意の曲」として、これまでの思いを込めた楽曲『ルーザー』も今年発表している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

北村匠海のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北村匠海」に関する記事

「北村匠海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北村匠海」の記事

次に読みたい「北村匠海」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク