櫻坂46の「愛し合いなさい」が1位を獲得!歌詞注目度ランキングにINI、スキマスイッチら初登場

櫻坂46の「愛し合いなさい」が1位を獲得!歌詞注目度ランキン...の画像はこちら >>



歌詞検索サービス「歌ネット」が、6月20日付の「歌ネット注目度ランキング」を発表した。



注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。

通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。



今回のランキングでは1位に、櫻坂46の「愛し合いなさい」が初登場。2024年6月26日にリリースされるニューシングル『自業自得』収録曲だ。三期生・石森璃花が初めてセンターを務めている。石森は「櫻坂46の“BACKS”はどんどん進化していて、櫻坂46をもっと強くするための力だと思うので、9枚目シングル、そして櫻坂46を盛り上げることができるように頑張ります」とコメント。また、MVはレトロなテイストの曲調に合わせた力強い振付や、モノクロと原色の色使いが特徴。

監督は映像ディレクターの酒井伸太郎が務めた。



2位には、INIの「LOUD」が初登場。2024年6月26日にリリースされるニューシングル『THE FRAME』リード曲だ。MVは、本作のコンセプト「僕らを囲う“THE FRAME”を壊す」をテーマに、韓国で撮影された。メンバーが壁を突き破る描写など、誰かに決められた枠組み(フレーム)を壊し、自分らしさを求めて新たな世界へ抜け出すようなストーリーを描いている。また、INIのMVとしては初めてエキストラが起用された。



3位には、スキマスイッチの「クライマル」が初登場。2024年7月10日にリリースされるニューアルバム『A museMentally』収録曲だ。歌詞にも<ひび割れた場所を探し 足をかけよじ登るんだ><自分のステップを見つけて足をかけよじ登る><頂点(いただき)に続いていくルートは決して一つじゃない>とあるように、“クライミング”をモチーフに描かれており、自分の内にある秘めた闘志を奮い立たせ、鼓舞する楽曲となっている。



4位には、稲葉浩志の「NOW」がランクイン。さらに、5位、7位、8位、9位、10位には「ブラックホール」「Starchaser」「Chateau Blanc」「空夢」「気分はI am All Yours」がランクインしており、いずれも2024年6月26日にリリースされるニューアルバム『只者』収録曲だ。稲葉は6月17日放送のTBS系『CDTVライブ!ライブ!』に出演し、人気曲「羽」と今作収録の「NOW」の2曲をフルサイズで歌唱。

疾走感溢れる圧巻のソロパフォーマンスにネットではトレンド入りし、「衰え知らずでカッコいい」など多くの声があがった。



6位には、ガラクタの「UFO」が初登場。2024年6月26日にリリースされる新曲だ。彼らは名古屋発、人気急上昇中の新世代4ピースロックバンド。歌は<君を連れ去るUFOを見た あれは人間の仕業じゃない! 戻ってきてって叫んだって もう届かない>と幕を開ける。大切なひとがいなくなってしまった日常や、愛を伝えてももう届かない切なさをポップに歌ったラブソングとなっている。



【2024年6月20日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 愛し合いなさい/櫻坂46
2位 LOUD/INI
3位 クライマル/スキマスイッチ
4位 NOW/稲葉浩志
5位 ブラックホール/稲葉浩志
6位 UFO/ガラクタ
7位 Starchaser/稲葉浩志
8位 Chateau Blanc/稲葉浩志
9位 空夢/稲葉浩志
10位 気分はI am All Yours/稲葉浩志