日本と海外で異なる衛星放送事情、新しい衛星放送に市場はあるか

日本と海外で異なる衛星放送事情、新しい衛星放送に市場はあるか

 衛星放送が日本で初めて一般視聴者向けに放送されたのは、今からおよそ30年ちかく前の1987年5月のことだ。当初は、離島や山間部などのTV放送の難視聴地域に向けて地上波と同じ番組を放送する、いわゆるサイマル放送が主な目的とされていたが、現在ではその他にも、地上波とは異なる番組や、より専門性の高い番組を提供するためのチャンネルが増えており、どちらかといえば、そちらの印象の方が強いのではないだろうか。


 しかしながら、世界規模でみてみると、宇宙の静止軌道上から一斉に国内全域に電波を送信できる衛星放送は、国土全体に放送局を設置する必要がある地上波放送に比べると容易に放送を普及させることができるという点で、とくにテレビ放送が普及途中にある発展途上国等にとっては最適な方法と考えられている。さらに半導体技術が進歩したことにより、マイクロ波受信装置が安価で手に入るようになったことから、物価の安い国でも容易に受信機を購入できる時代になっており、東南アジアや中近東をはじめ、北米、インド、アフリカ地域などでも衛星放送の普及が急速に進んでいる。


 このような背景の中、日本のローム<6963>グループのラピスセミコンダクタが先日、衛星放送受信アンテナ向け4入力4出力スイッチマトリクスIC「ML7405」を発表して話題になっている。


 日本では受信できる衛星が固定されているが、欧州や南米などの地域では、近隣他国も含めて周波数、偏波の異なる4種類の衛星放送から放送を選択し、受信可能なため、4種類の衛星放送を1台で受信するユニバーサルモデルと呼ばれる衛星放送受信アンテナが使用されている。4種類の衛星放送を全て同時に受信、録画するためには4出力以上のユニバーサルクアッド衛星放送受信アンテナが必要となるが、4入力4出力スイッチICはIC内の素子、配線が増えるため、素子間、配線間の結合による信号のクロストークの問題を解決することが難しかった。そのため、従来の受信アンテナに使用されるスイッチICは4入力2出力のものしかなく、4入力2出力スイッチICを2個並列に接続して対応していた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年3月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら